暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長かったー。

今日の実験
新しく買ったキットをおいらがプロトコル読んでやってみろ、という話。
タンパク質精製なのだけれど、簡単な実験なはずなのに
どたばた失敗しまくる俺wの詳細。

5:50
久しぶりにアラーム前30分に目が覚める。
うとうとしつつ眠れない。そう、今日は決戦の日。がむばる。

6:20
アラームが鳴るまで本日の着衣を考え、アラームと同時に起きる。
余裕を持って用意された朝食にパクつき、
昨日入れ替えたMP3の曲にうきうきしながら駅へ。

8:05
学校着。久しぶりにすげー早い。人いない。
早起きのために腹壊す体質治らずトイレに駆け込む。
便座でもがきながら本日の実験へのやる気をためる。

8:25
どたばた駆け回り大腸菌培養開始。
お前ら増えろよ、今日の俺の帰宅時間かかってんだからな!
と念じる。念じつつ、控え室で睡眠ww
(細胞継代もちゃっちゃか終わらせた。)

10:00
寝つきが悪いので人もちらほら見えてきた研究室へ。
本日の作業再確認。初めて使うキット、自分しか知らないプロトコル。
ちょっと不安だがちょっと楽しみでもあった。まだこの時まではwww

11:30
培養3時間。まだまだ透明に近い培地。
仕方がないので早めの昼食を取る。ついでに図書館に行って本を借りる。
借りた本3冊:歌舞伎町事変(ちなみに既に完読w文字少ねぇw)
        滅びゆく植物~失われた緑の楽園
        中国ネット文学(チャイ語)

12:30
培養4時間。余裕ぶっこいてたら大腸菌生えすぎワロタ状態。
慌ててOD測ったら0.6~0.8になって欲しかったのに片方3.0とかw
とりあえず確認をとって希釈w 希釈って何w 大腸菌キレルぞw
てゆーか2×YTA培地すげー。
なんでこんなに増えるんだ。2×だからか!だからか!

15:00
タンパク質誘導培養やっとこさ終了。
ここからドライアイス+イソプロパノールのぼこぼこアイスバスで細胞を冷やしたり
ウォーターバスであっためたりして細胞を壊すのだけれど、
早速ドライアイスでヤケドwヒリヒリするw
素手でつかんだのやっぱだめだったか。ってかつかんで割るのがいかんのだな。
ってのは後の祭りでアルコールでサンプル文字は消えるは
手は痛いゎ時間はないゎでめちゃくちゃ大変だった。
なんで液体窒素を使わんのだ、とプロトコル読んだ時に思ったけど
センセに言うの忘れてたらえらくめんどかった。。。

18:00
終わりが見えてくる。
カラムにアプライする時点で柔らかな沈殿、上清について来過ぎ無理w
と思いつつもこんなもんだろう!と思って次回はDNaseを入れることを
固く心に誓う。
とりあえず、ボイル法の要領で絡みまくった大腸菌を取り除いた。
(遠心の意味あったのか謎w)
で、まぁあとはそこそこ楽チンに進み、いよいよ濃度測定。

0.59mg/mlキタコレ。
しかし説明書には、1-10μg/mlと書いてあって
明らかにおかしい。60倍って何。誰か説明して。

18:30
それはそうとその後が大変だった。
大腸菌臭いしメルカプトエタノール臭いし凍り冷たいし凍傷痛いし
エッペンで分注するんだけどなんか粘度高くて
しかも結局50本近く分注したとか使えないタンパク質な気しかしないのに
意味あんのか、これ。とか。もう。
ひたすら頭ん中自分ののろさあほさに悪態つく。
基本的に学校にいる日は18時過ぎたら頭ん中で悪態つきます。
口に出して言いたい時はチャイ語で言います。よろしく。

20:00
終わった。
終わって10分で本日の実験ノート書いた。
で、帰った。帰りに歌舞伎町の本読んでちょっとテンション高くなった。
もふもふ。

20:15 学校出る。
21:00 地元駅着。迎えに来たパパンの車運転して帰る。
     カーブに大型バス止まっててひどくおびえつつ乗り切る。

まとめ。
なんとか明日の再実験を免れたようで何より。
明日の結果でまたこれやるはめになるんだろうけど、
その時はちょっと改良しようか、うん。
とりあえず今日乗り切ったら後は三崎だもんね、磯採集だもんねっ!

まだメルカプトエタノール臭い。。。
  1. 2009/03/10(火) 00:08:28|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。