暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真で見るannのここ最近。

最近ブログが実験ネタばかりなので、
(しかもかいつまんで出すからよー分からんものばかりだと思われ)
ちょっと画像でどんなことをやってるのかってのを
載せたい。と思う。え?ダメ?いかん?要らん?マヂ?どうしよう。。
でもだってほら。うん。
何やってるか分かってる人は見ないでね。
恥ずかしいから。こんな俺でも?うん、こんな俺でも!


以下、簡単な(間違ってるかもしれない)解説つき。
近頃はひたすらタンパク質の実験なのですが、
要は見たいタンパク質をいろいろな方法で抽出したり、
酵素だったらその活性を見たり、
ほんでもって必ずと言って良いほど行われるのは
SDS-PAGEさま。
試料をゲル(あみあみ構造)の上に載せると、
ゲルのあみあみの中を
試料のタンパク質が通っていく過程で
大きさごとに通る速さが違ってくるという話で、
目的タンパク質を確認~的な流れ。
以下がそのゲルさま。

gel1
下にタンパク質を引っ張る力は電気の力(たぶんw)
一本一本の線がきっと似たような大きさのタンパク質なのです。
で、これを写真に撮ると、
syasin1

こんなんなってレポに載せられるウハウハ!という話。

こないだ流したのは
ngb

こんな立体構造をしているというニューログロビンつって
なんっかヘモグロビンに似たやつ。
ヘモグロビンってほら、血の中の酸素を運ぶあれですよ、あれ。
ニューログロビンは脳で作られるからニューログロビン。
(神経細胞はだって、ニューロンじゃないですか。)
そんな安易な。にゅにゅにゅ。

こういうタンパク質ってそれぞれに特性があって、
例えば色が違う。
その色の違いって還元させたりするとまた独特な変化をする。
それを測ったのが吸光度ってヤツで、
例えば還元させる前と後とのグラフとかをレポに添付したりする。
glaf



タンパク質の話はここまでにしてこないだやった巻貝の胚を
染色して顕微鏡で観察~っての写真は、
migia

こんな風に(四つの細胞が見えますね?)光ってUFOみたいに
見えたりするのです。
ほんでもって中のDNAがどこにあるかっつーと、
migid

こんな風に青白く光らせて見ることが出来るという。



いやはや。

こういうのが学生実験になるってんだから、
今の科学ってのは進んでますよねーはっは!
夢みたい。
  1. 2008/06/12(木) 00:41:01|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

コメント

結構頑張ってはしょったのですが、
やっぱりはしょり過ぎてますか・・精進します。。

天才っぽい感じを出してみました!
ってゆーと同じ学科の人たちとかまぢプロい、怖い人たちに
にらまれそうです。
実際どこでもやってる基礎実験です。
けどおいら的には農耕時代からのこう、発展と申しますか、
人間やっぱ頑張ってるなーと。(誰
  1. 2008/06/12(木) 11:25:20 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

スゲー☆
よくわからんけど、何か感動した☆

アレだ。全く訳わからないから天才っぽい感じがする。
  1. 2008/06/12(木) 02:05:27 |
  2. URL |
  3. ari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。