暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

静かな湖畔の カッコーに巣はありません!

ども、いよいよ寒くなってまいりましたね。
昼寝しようとふとんにもぐりこんでうとうと1時間。
足が全然ぬくまらなくて快眠は得られませんでした。
そんなことで寒さの進行を実感する今日この頃です。

ったく、暖房つけてもあったまるのは顔ばっかりで
どうも頭寒足熱の逆を行っているために機嫌がよろしくないannです。
こんばんゎ。明日月曜だしね。

しかし!ついにやってまいりました今年の授業最終週☆
休みが長いのは学生の特権でございます。
まぁそうは言っても世間もそろそろお正月、
みなさんもこの正月はどう過ごされますか?

"ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST"
邦題:【カッコーの巣の上で】
チャイ語のタイトルはちなみに【飛越瘋人院】。ストレートですね。

1975年の古めの映画ですが、
最近やってるダーティハリーシリーズなんかと
同じ年代に作られているとは信じられないくらい、
もしも暇がある時には一見の価値アリまくりの映画です。

ジャックニコルソンがレオさまと同様に目つきが悪いとか
そこらへんを補いまくりの映画です。

仮病を使って刑務所より精神病院に入った主人公が、
よくある話でいろいろやんちゃをしていく話。
精神病院から逃げ出そうと本気で思っているのかいないのか、
それとも思っているけど抜け出せない理由が他にあるのか…

頭がヤバいってどういうこと?
それを治療する医者って実際どうなの?
当時の治療手法(ロボトミーとか)を皮肉ってる感じだけど、
(ロボトミーってさすがにもうない?まだある?
 俺らの知らないところであるとか?とにかくこえー)
別に2008年に見ても全然問題ない作品です。

テンポ云々は別として。


まぁ、お正月に家族団らんの席で見るようなもの
でもないんですけどね(笑)
けどけどもしも見る人がいたら
やっぱりビリーの瞳の美しさに見とれちゃって下さい。ぜひ。

と、珍しくいっぱい宣伝してみた。
最近は映画月間だなー。以後はよほどなことがない限り、
メモだけに留めます(笑)
  1. 2007/12/16(日) 19:49:48|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。