暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それでそれで死刑!

興奮がてらに三回目の更新。

思い出しましたよ思い出しました。
(下の記事参照。)

下の記事で見つけた笑月さまは、
当時死刑ってアリなの?ナシなの?と考えていた自分に
考えを固めさせたホムペだったと記憶しております。
確かにたかが一ホムペでそう軽々しく考え固めて良いのかって
ツッコミはあると思いますが、
けれど、それで十分だったんですね、中学生の私は(笑)

死刑制度については賛否両論ありますが、
しかし無実の人が間違いによって死刑宣告され、
その恐怖を味わい、
そして実際に死刑を執行されてしまう、というようなことは
誰もがあってはならないと思うことでしょう。
そうですよね?
この冤罪は死刑制度のお話の時には必ずと言って良いほど
出てくる問題ですが、
なぜだか分からないがしかし、どうにもこうにも一向に
なくならない問題なんですよね。

以前英Ⅱの授業で、死刑制度についてのグループ内での
意見交換の際に、
タイからの留学生の笑顔がステキなお兄さんが、
はっきりした口調で「死刑制度は当然あるべき」
と話していたのにものすごいショックを受けたのを覚えています。
彼の場合はその容姿、普段の雰囲気とのギャップの問題でしたけども、
私は彼に冤罪の質問をしてみましたが、
冤罪は良くないが、実際に非人道的な罪を犯した人間やっぱり死ぬべきだよ、
みたいな答え方をしてくれました。
それで結局冤罪が一体どの程度の割合で起こってるのか、とか、
そういうデータがない分には討論のしようがない、
ということでまとまりがついたのですが、

そこでですよ?

一体冤罪がどの割合なら許容範囲なんでしょう?

1000人の死刑囚がいて、
そのうち1人が、たった1人が冤罪だったとして、
その1人は運が悪かったからしょうがないよ、
他の999人分の被害者たちが救われるため、
これからの犯罪者を少なくするためだから、
何も悪いことしてないかもしれないけど、
死んで下さい。

なんって言って良いんでしょうか?本当に?

あるいは、1000人に1人は多い。
1000000000人に1人だったら大丈夫?
でももしもあなたがその1人になったら、死にきれますか?


まぁさすがに大学生にもなってたかがホムペ一つで、
考えが固まったなんってもう思わないですけどね。
もしもこの問題についてちゃんと意見を発表しなさいって言われたら、
いろいろ調べ物しなきゃいけないって思います。
けどそれはちょっと面倒(マテゴラ
とりあえず現時点で冤罪でつかまって殺されるようなことがもしもあったら、
おいらはそれが自分の怠惰に対する罰だと思って諦めます(笑)
  1. 2007/09/04(火) 17:57:39|
  2. 日常。
  3. | コメント:22

コメント

◎ぶるーさん

最後のひと言は私宛だと受け取りました(笑)
本当に期待させておいてなんなんですが、
内容がないよー(待ちなさい

ちなみにこんな燃料を投下してしまって申し訳ありません。
議論をすること自体、ある程度の柔軟性が
その人に備わっていたりするんじゃないかなーって思います。
例えば私なんか自分と違う意見の人がいても
議論する気なしで盲目的に自分の説を信じますからね(笑)
どうも性質が悪くてwww

そういう訳で台風も去りましたし、
秋のすがすがしい天気、楽しみにしております。
  1. 2007/09/09(日) 00:22:10 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

◎somELyさん

確実に考えていることのレベルで追いついてないですお兄さまにはw

従って毎回凡才とご謙遜なさるのは、考え物ですよ!!w

どうぞここでもカンッチョーッシュパーァッ!的なお兄さんでいてくださいw

あ、でもカンチョーそのものはナシです。
セクハラです。(笑)
  1. 2007/09/09(日) 00:10:31 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

 うん、目立たないw<色

 また全文読めやぁって言われるかな。
死刑制度にリンクして持ってくるから・・・

 社会の闇、格差社会の裏側にメスが入るか、頼りない安倍政権に期待!・・・・出来ないなぁ^^;
  1. 2007/09/08(土) 14:02:35 |
  2. URL |
  3. ぶる #-
  4. [ 編集]

 育てられる環境で人間が形成される以上、私が擁護施設で育っていれば、今養護施設で暮らしている人たちと同じように育ったでしょう。そこに疑いの余地はないです。
 施設で育つ僕らには価値観の取捨選択の余地無く、好むと好まざるとに関わらず犯罪者に育つと言われるのなら、私も犯罪者だったでしょう。
 もし、本当に犯罪者となるしかないのだったら、私の認識が甘かったというほかありません。
 おそらく、そういう環境にあらがって生きているんだとばかり思っておりました。(自分は環境に流されるままに生きてますけど。)

 子を愛せないっつーのは大人が歪んじゃってるんだと思う。
大人自体が歪んじゃってる社会の現実がある。 昔も少なからずそんな親がいて、祖父母、親類がひきとってたんだろうけど、最近はそういう絆さえなくなってるんだろうな。
 欧米は結構そういう歴史があって、宗教関係の施設が整ってるんだと思うけど、日本には・・・駆け込み寺?ってまだあんのかしらね^^

 ということで、死刑制度とはズレてしまったようです。

 シンプルに死刑制度のみなら・・・
 人間はどんなに思想的に進歩しても、感情で生きてる。肉親を殺されれば、加害者が憎い。犯罪を確かに実証できるなら、被害者の心のままに。
 ただし、死刑を執行しても、必ずしもひずみは解消されないんですよっていうカウンセリングが必要なんでしょう。
 再犯者を野に放つのはNG。死刑もしくは懲役、特赦って制度があっても出られない位の刑期をくらうんでしょうか、欧米並みにw

 ほんとは、人とガチガチ議論するのは苦手で、したことないんですよ、リアルで。ネットの気安さか、目の前に自分の思ってることと違うことを主張されると、つい火がついてしまうというか・・・学も無いクセにね。
 どうも感情的になってしまいがちです。

 ミステリー、次回作期待してますw
  1. 2007/09/08(土) 13:58:43 |
  2. URL |
  3. ぶる #tR0Y9Tco
  4. [ 編集]

☆ぶるさんへ
>どんな環境で育ってきたのであれ、他人をせせら笑って平気で殺すような人間はやはり擁護する気にはなれません

仰ったことはごもっともと思います。
しかし、ぶるさんは何か誤解をしていませんか?
僕の文をきちんとお読みになっていただければ、お分かりになると思いますが、最初から最後まで僕は犯罪行為を擁護するようなことは一言も言っておりません。

>「そういう環境に生まれてしまったから、こういう人間に育ってしまったんだ」と周囲が納得することこそ、彼らに対する侮辱になると思いませんか?
昔、キンカチョウとダンドクの子を入れ替える実験がありました。子が繁殖期になると、自分と同種のトリではなく、親と同種のトリへ求愛行動を行った。もちろん、種が違うから、求愛行動は失敗ばかりでした。結局、キンカチョウの子もダンドクの子も繁殖することができずに死んでしまいました。
悲しい話です。そういう環境だから、こういうトリに育ってしまったのです。キンカチョウの子もダンドクの子も、侮辱するがしまいが、繁殖することができませんでした。
さて、人間の場合はどうなんでしょうかね?

いや、もちろん、ぶるさんならそういう環境に生まれてしまったから、こういう人間に育ってしまうはずがないと信じております。
あっ、トリの「環境」ではなく、ぶるさんが仰った「環境」ということですね。話が煩わしくて申し訳ありません。くれぐれも誤解のないようによろしくお願いいたしますm-_-m

☆annちゃんへ
それだ、それが言いたかったんだ!
実に見事にまとめたなぁ~さすが東大才女!
おいらみたいな盆栽一生かけても追えないなT_T

もちろん、カンッチョーッシュパーァッ!的なお兄さんだよw

ところで「ブータン」って何?(汗
  1. 2007/09/08(土) 05:02:09 |
  2. URL |
  3. somELy #-
  4. [ 編集]

 確かに、私は恵まれた環境で育ってきています。お金がある無いではなく、愛があるかと言う
点でですが。それがこの件に何か関係があるのでしょうか?

 もちろん、somELyさんの言われるような境遇に育つ方もおられるであろうことは想像は出来ます。
 でも、どんな環境で育ってきたのであれ、他人をせせら笑って平気で殺すような人間はやはり擁護する気にはなれません。
 「そういう環境に生まれてしまったから、こういう人間に育ってしまったんだ」と周囲が納得することこそ、彼らに対する侮辱になると思いませんか?
 どんな境遇に生まれようとも、他人の命を奪っていい道理は無いはずです。
  1. 2007/09/07(金) 22:05:05 |
  2. URL |
  3. ぶる #tR0Y9Tco
  4. [ 編集]

え、えーっと、何が起こってるんでしょう?(ログを読みなさい。

あーはいはい。理解しました。
えーっと…や、やめてぇー!!わ・わたしのために争わないでぇー!!
こうですか?わかりません><

・・・違いますね。すいません。調子に乗り過ぎました。



◎ぶるーさん
なんか私が返すと横やりっぽくなってしまいますが、とりあえず。

目の前の荒川が河川敷にある野球場を
おもいっきりつぶしてますが、埼玉は元気です。
あ、平気です(笑)

死刑となるほどのおもーい犯罪を犯すかどうかは
重い精神病になるかどうかと似通ってると思いますです。
もちろん、今の社会が若者のモラトリアム期間を延ばしているだとか、
それでニート出現しましたよだとか、
いろいろ社会のあれが騒がれる一方で、
その人が持つ本来のものってーのは、すごく大切ですよね。

遺伝子が人それぞれ違うのだから、
もともと持っている性格が違ってくるのは、
たとえ環境が全く同一であったとしても、
当然のことでございます。

そういう根本的な個体差があるから、
一概に社会のせいにしてはいけないんだと思います。
もちろん、社会にもそれなりの原因があることは否定できません。
おもーい精神病にかかる素質を持つ人が、
ストレスのかかるような環境にいなければ、発病はしませんしね。

けども発病はどうあれ、素質がどうあれ、
今の社会が変わらないものであることが分かっているのだから
自分が変わらなくては何も解決しませんね。

結局人一人の力はわずかなもので、
どう頑張ったってこの社会に劇的な変化を及ぼすことは不可能だろうけれど、
毎日の生活をしっかり営み充実した日々を送ることは、
まわりまわって社会のためにも良いことになっているのだろうと思いますよ。
だから私は自己中に生きようと今年はじめに決めた訳ですが?w

ところでブータン良いと思いませんか?ブータン(笑)



◎somELyさん
私は若い人が大好きです(どうしましたかコラ
謎に包まれていたsomELyさんの素性をちょっぴり垣間見れて幸せです。
ぐふふw

台風は良い風を運んで来てくれましたね。
ぶるーさんに返したレスでも書いたとおり、
私がレスするのは横やり入れてるようなもので
なんだか申し訳ないのですが、ちょっと顔をでかくして通りますよ(笑)

わたくしも恵まれてます!って自慢出来るほどではありませんが、
でも基本的には恵まれた環境に育って
何も社会の荒波のことは存知上げません。

なので結局犯罪を犯すような人たちがどのような日々をすごし
どのような考え方をしているのかなんって想像の域を出ることはありません。

ところでこれはもしかしたら
論点がずれているのかもしれないのですが、
西洋医学ってのは基本的に頭が痛かったら痛み止め、
喉が腫れてたら炎症を抑える薬、
とこんなふうな感じで病気を治していると思いますが、
一方で東洋医学はどちらかと言えば
あぁー火気が盛んですねぇー、とか
陰気が重すぎますよ、とか
体全体の調子を見て、もちろん炎症を抑える薬やら
痛み止めやらも処方しますが、
もっと全体像を見た薬の処方をしますよね。

ちょっと似てませんか?犯罪の抑止≒病気の治療みたいな。

西洋医学ってのは効果もすぐに現れて
理屈なんかも結構分かりやすい。
ところが漢方なんかで治療すると効果はなかなか現れなかったりするし
それに気とかそういうのって目に見えない分、
理屈的にもどうなの?って思っちゃったりします。
これを犯罪にあてはめてみると、
個人のせいにして個人を裁いてみると
意外にも簡単で、結構ことはすぐにかたがつく。
ところが、社会全体の責任、原因を見たときに、
すぐに効果覿面な制度が出せたり、
人々の考え方が変わったりはしないんですよね。
だから今の社会はより短絡的にすぐ効果が出る方向へ「治療法」を傾けてしまっている風潮はあると思うのですよ。

よりよい社会にどうしたらなっていくかってのは、
まだまだ模索状態ではあるにしろ、
そろそろみんなが気づいてきてることではあると
思うんですよね。

けども、結局は東洋医学と西洋医学を融合させた
治療法が、痛みもすぐに取れてからだの調子も長期的にもよくなります。

まとめれば。どっちの治療も不可欠だと。
しかし社会全体を変えていくのは難しいから
顕著に見えてくるのは個人を裁く方の治療法であると。

うぅーん。やっぱりもとからよく回らない頭を
頑張って使っても何も良いことが言えませんけれども。

ボランティア先ではどんなお兄さんとして活躍しているんですか?w

やっぱりカンッチョーッシュパーァッ!ですか?(待ちなさい

うまくまとめられず長文になってしまい申し訳ありません。
やっぱりブータンですか?ブータン。
ブータン流行ってるんです個人的ブームw

ちなみに編集するには最初に書くときにパスを
入れれば可能になります。
もしもうご存知でしたらごめんなさい。
  1. 2007/09/07(金) 15:32:55 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

「カオス系では、初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して、結果に大きな違いをもたらす。」
かの有名なバタフライ効果(butterfly effect)ですね。
それについて、「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」と言うわかりやすい喩えもあります。むしろこの喩えこそバタフライ効果の名前の由来となったのでしょう。

今窓の外で怒鳴ってる台風九号も、どこかの蝶の羽ばたきが原因かもしれませんね。

いや、お陰で少し頭を冷やすことができました。きのうの文を読み返すと、火薬のにおいが漂いすぎたと感じました。
いくつ誤解を招きかねない点について釈明させていただきます。
1、犯罪者側に立つというのは、決して彼らが犯した罪を認めることではありません。ただ、彼らがなぜ罪を犯したのか、いわゆる「蝶の羽ばたき」を少しでも世間に知らせて起きたかったです。
2、昨日の文章では、いかにも児童養護施設にいる子どもたちが不幸な人生を歩んでいるように読み取れるが、決してそんなことはありません。彼らの中、一所懸命頑張って働き、幸せな生活を送っているのが大多数です。
3、「お国の法律により・・・」のような表現がありましたが、決してお国には不満なんて欠片もありません。だって、死刑というステキな法律もありますし、お国はいつも凶悪犯罪者に裁きの鉄槌を叩き、われわれ善良市民を凶悪犯罪から守ろうとしているですもの!
  1. 2007/09/07(金) 08:25:23 |
  2. URL |
  3. somELy #-
  4. [ 編集]

ふむ、そうきましたかw

「誰も、自分の子供を「いいヒットマンに育てよ~♪」なんて育ててるわけではないし、周りだってそんな風に育って欲しいとは誰も思ってないんだよね」

きっと、ぶるさんは恵まれた環境の元で育てられたんですね。
親がパチンコに熱中して子どもを車内に放置して熱中症で死なせちゃうみたいな事件は年間何件発生しているのかご存知でしょうか。
虐待から逃れようとして、渋谷の街頭に彷徨い、やがてお金が尽きて体を売る少女どのくらいいると思いますか。

ぶるさんは「児童養護施設」と言うものをご存知でしょうか。
施設の中で暮らしている子どもたちはなぜ自分の親と一緒に生活しないのをご存知でしょうか。
彼らが18歳になったら、大学に行くところか、お国の法律により容赦なく施設から追い出され、自分の手で自分を養わねばならないことをご存知でしょうか。
そして、施設を出た後、彼らはどのように生活していると思いますか?
潔く死ぬか汚く生きるか
さ、どう選ぶ?
こうやって闇の世界に巻き込まれ、やがて・・・

決して自慢ではございませんが、児童養護施設でボランティアさせていただいてもうすぐ四年になります。社会の闇を目に触れる機会は多少普通の方よりも多いと思います。

だから
ぶるさんが仰った「価値観とかの取捨選択に失敗してるんだよね。」にはどうしても同意できません。
彼らには「価値観とかの取捨選択」の機会ですら与えられてないからです!

annちゃんが言ったように、「そうだったとして何が出来るんだろう」
確かに、どうしようもないですね。
競争の激しい現代社会で生きていくのに精一杯の人間には何もできませんね。

だけど

彼らがニースに取られるたび、僕の胸は激しく痛みます!
涼しい顔をした傍観者や裁きの鉄槌を叩こうと叫ぶ正義の味方側よりも、僕は彼らの側に立ちたいと申します!
僕は彼らの代弁者となり、社会が彼らに与えられた不公平を訴えたいと申します!
  1. 2007/09/07(金) 02:25:22 |
  2. URL |
  3. somELy #-
  4. [ 編集]

 
黄色??w

 いやー、えらい風ですが、埼玉、平気ですか?

 somELyさんの言ってる、加害者を生み出したのは、共に同じ社会に生きてる我々も幾分かの罪があるって話しですけどね。

 誰も、自分の子供を「いいヒットマンに育てよ~♪」なんて育ててるわけではないし、周りだってそんな風に育って欲しいとは誰も思ってないんだよね。
 それに、同じ時代に育ってきた人間、みんながみんな人を殺すか?っつーとそういう訳ではないし、やっぱりヤっちゃう人って、価値観とかの取捨選択に失敗してるんだよね。そんで、自分がうまくいかないのを社会のせい、他人のせいにしてしまってる。

 それさえそういう人間をフォローできてない社会が悪い言われたら、まぁそれもそうなのかもしんないけど。
 まぁ、今の社会って、みんなキュウキュウとしてて余裕が無いし、自分のことしか考えない人間で溢れてるのは良く知ってる。いい社会では無いかもね・・・

 んーと、だいじょぶ?だいじょぶだよね??あとはann様よろしくーw
  1. 2007/09/07(金) 01:10:02 |
  2. URL |
  3. ぶる #-
  4. [ 編集]

よみにくうううううううううううううう
激しく読みにくいですよ先輩。
しかし黄色は元気が出ますね!w

先輩の笑顔のステキ如何は今度確かめさせていただくとして、
これまた新しい視点でございますね??!!

まぁどんな問題も基本的には
複雑な原因が絡み合って起きてる訳で、
お腹がすいたから飯食おう、
満腹になったから問題解決!
みたいに簡単には解決出来ないんですよね。。

凶悪犯罪者を無意識に作り出している可能性は
否定できませんが、
でもそうだったとして何が出来るんだろうなぁ。。
もっと他人に優しくする?
うん。それぐらいしか不器用な私には思いつきませんが。

桃源郷はあくまでも桃源郷で、
我らがそこにたどり着くことはないのかもしれませんね。

けれど、そこで出てくるのが努力の二文字。
ふぅーむ。。

お腹減ったよおにいちゃんw
  1. 2007/09/07(金) 00:50:30 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

↓の文章大変読みづらくなっております。
それでも読みたい方にアドバイス
マウスで文字をドラッグしながら読んだ方が少し読みやすくなりますw

  1. 2007/09/07(金) 00:08:21 |
  2. URL |
  3. somELy #-
  4. [ 編集]

うむ、青も赤も先取りされちゃったか・・・
見にくいけど、もう黄色しかないなw

まぁ、言いたいことがほとんど言われたけど
自問自答形式ですこしだけ補足:

凶悪犯罪を犯した人を死刑にし殺せばそれで問題解決なのか?
遺族にとっては確か仇を討った
しかし
被害者が生返ることはない
遺族の生活は元に戻らない
本質な問題何一つも解決してない

そもそも問題はどこにあるのか?
凶悪犯罪者が問題?
(以下宿命論者は無視してね)
違う。なぜなら、凶悪犯罪者は生まれつきじゃないから。彼ら(彼女ら)が凶悪犯罪者に仕立てたのは他でもなく、われわれの社会だ
そう、凶悪犯罪の責任は罪を犯した本人、遺族、正義の鉄槌を下そうとする正義の味方、涼しい顔して見てるだけの傍観者、われわれ社会全員にある!

集団の責任は何よりも重い

集団の責任は何よりも逃れやすい

なぜなら。自分たちの責任から目を背いて、凶悪犯罪者のせいにすれば天下泰平だから!
あいつのせいだ!
あいつを殺せ!
あんなやつはわれわれ善良な市民の恥だ!

・・・

嗚呼
すばらしきこのせかい!
うつくしきわれらにんげん!

by またしも乗り遅れた自称笑顔の不ステキな祭り男w
  1. 2007/09/07(金) 00:04:22 |
  2. URL |
  3. somELy #-
  4. [ 編集]

申し訳ございません
自分もさらさらカロリー消費がひどい記事を書く
つもりなどなかったのですが、
これぞ運命というものだということで
ご理解いただきたいと思いますです。ですです。

なるほど、冤罪、被害者にとって、あるいは加害者にとっての刑罰の意味。
死刑制度はみんなさまざまな視点からこの問題を
見ていて、しかも結構気にしてますね。
(コメント欄の盛り上がりもそうだしw)

遺族になったことないから被害者の気持ちが
分からないのですけど、
でも殺人事件の被害者ってまだ憎める対象が
ある分、
天災でなくなったり、病気でなくなったりする人たちの
遺族よりかは気持ち的に楽なような気がしなくもないような…そんなことないっか。。

結局死刑が凶悪犯罪の抑止につながってるかって言えば
それもまたハテナマークがつくんですよね。。

ここまで来るとどうにでもなりやがれ!と思ってしまうのは
ダメですね、典型的なダメ人間でしょうね(笑)

それよりも気になるのはこの台風がどうなのかってことですよ。
ぶるーさん洪水やら強風やらでお忙しい時期じゃないですか?
ブータンのような国民総幸福度って考え方、
案外最先端行ってるのかもしれません。

という訳で、ブルーが目立つぶるーさんのために、
私は赤にしてみました♪♪
心優しい人間ですねぇー(待ちなさい
  1. 2007/09/06(木) 20:55:59 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

まずい、青はまずいよ、目立ちすぎるww
  1. 2007/09/06(木) 02:21:25 |
  2. URL |
  3. ぶる #tR0Y9Tco
  4. [ 編集]

どうも、ここでは初めまして

 カロリーを消費するから?でしょうか、もうちょっと優しいネタのときの軽いツッコミですませたいものですが・・・


 私は死刑制度を議論するのに、えん罪があるからうんぬんはあまり関係無い気がしますね。
 えん罪の結果が罰金になった、無期懲役になった、死罪になったかだけで、本来えん罪自体があってはならないことな訳で。

 罪の重さが、加害者の命を無理矢理奪うことでつりあわせが出来るのかなんだろうけど・・・
 遺族にしたら、償いのお金受け取るのもヤなんだろうし、加害者がいなくなった方がいっそ心情的にスッキリするんじゃないかと思って、死刑を望むんだろうけど、それで元の生活に戻れるとは思えないし、加害者の死なんて、なんにも意味をなさないものだと思います。
 でも、再犯はアウトだよなーとも思います。
  1. 2007/09/06(木) 02:20:41 |
  2. URL |
  3. ぶる #tR0Y9Tco
  4. [ 編集]

笑顔ステキわかる!w

今日復習したばかりですしね!w
毎度ステキでしたよ!!

そして意外でございました。
なるほどOCAPYさまは死刑に反対、と。ふむふむ。

<<最大の理由は、刑罰というものが罪人のために存在するという側面もあるから。
なるほど。刑罰の意義って大切なものを忘れてました。
結局誰が改心できて誰が改心できないとか
それはタバコを吸う年月の長さとは関係ナシに
禁煙成功か否かが決まるのと一緒で
罪の重さでは分からないのかもしれないね。

タイのお兄さんよく見かけますから
話しかけてみてくださいよ(待ちなさい

けど本当にお兄さんが死刑制度反対だとは
意外でした。
人は見かけによらぬものですねって、この場合
結構二重によらない感じなんですがw
  1. 2007/09/06(木) 01:19:34 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

笑顔のすてきな在日邦人より

笑顔のすてきなタイの留学生さんが「死刑は当然あるべき」と語っても、
ここにいる笑顔のすてきな(増長ですな。。)在日邦人のお兄さんは死刑に反対です。

冤罪の話なんて別に関係なく。

最大の理由は、刑罰というものが罪人のために存在するという側面もあるから。

確かに連続通り魔さんとか野に放っておいては危険な方を拘束することによって平和な社会を作るという側面もございましょう。
しかし、牢に放り込まれるのはその間に罪人が改心するためでもあります。
そのために数年間質素ながらも健康的で良く栄養バランスも考慮された食事を提供され、労働によっていい汗を流すのです。
平凡な日常こそが人を改心させる。
そして娯楽のない牢にいる間に、己を顧みる。
そして改心していく。

あるいは既に自分の行ってしまったことを悔やんでいる人は、牢に入り刑を受けるうちに自分を罰して、常についてくる罪悪感を払拭することができる。

罪人の為の刑罰でもあるのです。
罪人が改心し、幸せな生活を取り戻すための。


だからこそ、あんな大それた施設を作って、食事を提供して、監視人をおいたりするような面倒なことをしているのではないか。
野に放っておくのが危険だという理由だけなら罪人は全員殺しておけば一番平和になる。

ただ、上記の理由を考えたとき、罪人を殺すというのは、罪人から改心する時間を奪うことになり、つまりは幸せを取り戻す権利を奪うことになり、その「罰」と呼ばれる行為こそが罰する対象になるのである。


と主張しますな。
なんか宗教くさい。
さすがオレ。
仏教国タイの留学生に宗教っぽいで説法できそう。(これも増長。。。)
  1. 2007/09/05(水) 21:07:36 |
  2. URL |
  3. OCAPY #h1EsldTw
  4. [ 編集]

おはようございます。いつもコメントありがとうございます。

一日のはじめに気の重いコメント返し。
なぜかと申しますと、真面目なことを書くには
頭を動かさないといけないから、
エネルギーが…消費されてしまうのです。
そんな状況に私を陥れたのはきっとどこの馬の骨かも
分からない誰かさんでは決してなくこの自分(笑)
でもやっぱりコメントをいただけることは、
何より嬉しいことで、
またレスを考えるのも幸せをかみ締める良い機会。
そんな風に思うのは私がM体質だからでは決してないことを申し上げておきますw



◎linearさん
指摘 難しい
批判 パンと牛乳でもって例えて下さいょ・・
嘘嘘w
いや、痛いところに手が痒くコメントです。
でも自分はディベートがどうもうまく出来ない性質なので、
以下のレスは斜め読みで飛ばして下さい(笑)

確かに事故の例を見れば、
無実の人が死ぬ可能性はある程度認められているんですよね。
確かに今じゃ電車も飛行機も生活必需品な
ような気がしますが、
それらによる事故死ってのは万人共通じゃないと思うのですよ。
じゃあ冤罪の確率が万人共通かって、やっぱり違うとは思うけど。

電車や飛行機は結構分かりやすい。
乗るか乗らないか。
乗る回数が多くなれば多くなるほど事故死の確率も高くなる。
もちろん例外として電車や飛行機に
突っ込まれたて事故死することもあるけど。
じゃあどんな人が冤罪になる確率が高いのか?
グレーゾーンの人たち?
夜ほっつきまわってる人たち?
↑あくまで想像。

と長々と書いてしまったけども、言いたいのは、
飛行機と電車の例を参照にして本当に大丈夫か?
ってことです。
あぁー脳みそが沸騰しそうです。

しかし死刑制度の問題は冤罪の許容範囲の
問題が解決したとしても、まだまだ問題は山積みなような気もしなくも無いですが…。
あ、これは中心問題からそれてしまってますね。
いけないいけない。。

とても勉強になるので頭が回らないのは確かですが、
どうぞ見捨てずにこれからも気が向いた時に
コメントいただければ、と思います。
という訳で今回も高抬贵手お頼み申し上げます。(おそらく毎回ですがw)
|彡サッ




◎ぷぅ兄
そもそも人間が人間を殺すことが正当化されるなんって!!
って思いますけど、もしも自分が被害者の家族な場合、
やっぱりそれは無期懲役とかやらでは
許せないような感情が沸き上がってくるんでしょうね。
しかしその感情が死刑が執行されることによって
収まるんでしょうか。
うぅーん、私ならこの手で殺したいと思うんだろうけど、
それとこれとはまた別の話か…

懲役何百年ってあれは、出られる希望がある(?)分、
無期懲役と比べて軽いんでしょうかね?
いずれにしろ、無期懲役って言ってしまえば良いものを、
何百年ですよって言ってしまうあたり、
何かの陰謀としか思えませんwwww



◎ariさん
それで良いと思うのですよ。
学問の世界ではそりゃあどんなことにも
理屈が必要なんだろうなぁーとは思いますけど、
生活していく上において、
死刑問題って身近なようで実は結構遠い感じで、
実際関わるような事態が起きたって
何をどうしようもないですから、
理由がお堅いものじゃない主張が認められても良いと思うのですよ。
もしもお堅い理由なら上の言葉は無視していただいて。
ちょうどマックとケンタが目の前にあって、
どっちに入ろうかなーって思った時みたいに、
いちいちこっちがこれでこれだからこっち!
みたいには決めないと思うのですよ。
なんとなぁーくマック!
とりあえずケンタ!みたいな、
そういうノリだと死刑囚の人に怒られちゃいそうだけど、
それで良いと思うのですよ。
だってここブログですしね?w

いえいえ、ブルマは本当に。。
わたくしがブルマの最終世代だと自負しておりますです。
<(`^´)>エッヘン
  1. 2007/09/05(水) 10:24:51 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

死刑は無しに一票。
理由は・・・伝わりにくそうだったので、無しで!



と、ブルマネタを拾ってくれたことにえらく感銘を受けた。
僕は今、「ありがとう」と言いたい。

ウケました。
  1. 2007/09/05(水) 05:02:53 |
  2. URL |
  3. ari #-
  4. [ 編集]

少しお堅いけどこういうのも好きデス(*´Д`*)

死刑について、確かに難しいところだけど極刑っていう事でやはり最終的には死を以って償う(結局は償うことは出来ないけども)しかないような重罪も数多く存在する事は確か。でも現在でも起こり得る冤罪という側面から考えると、死刑を執行してからでは取り返しがつかない、という事で日本の司法制度においては死刑判決にはかなり慎重な方だとは思うよ。しかしその司法とか警察力についても疑わしきところは数多くあって、結局人間が人間を人間の作った法で裁く事にはどこかしら限界があるのかもしれないね~。どこかで矛盾や歪みがあるのも否めないし、間違いが起こり得ることも否めないし。
個人的見解としては、もう本当に死刑しか考えられないような犯罪に関しては賛成。でもやっぱりその審理過程については慎重でいて欲しいね。

あと脱線かもしれないけど、アメリカとかで懲役何百年とかいうヤツよりは死刑の方が納得出来ると思うw
  1. 2007/09/04(火) 23:32:11 |
  2. URL |
  3. pusan #-
  4. [ 編集]

>一体冤罪がどの割合なら許容範囲なんでしょう?

死刑問題はディベートでもよく論題になるので、ディベート的に少々考察していきたいと思う。

まず言えるのは、「冤罪がどの割合なら許容範囲か」というのは、価値判断の問題だということ。「価値」というものは、例えば「実際の冤罪の割合」といった数字を出して客観的に評価できるものとちがって、主観によって評価せざるをえない。

ところで、主観で判断する以上1人1人の結論が異なってきるため、なんらかの評価基準を適用して判断の統一を図らなければならない。(もちろん、その基準が一定の合理性を持たないといけない)

上記の基準として、いろいろなものが考えられるが、よく用いられるものに「比較可能な他の価値」との比較があげられる。具体的にこの話でいうと、

①一般的に自動車や飛行機は、万一の事故による死者が100万人に1人以下であれば、(使い続けるに十分に)安全だと考えられている。

②また、飛行機に乗っただけで何も悪いことをしてないのに、いきなり死ななければならない状況に置かれることと、冤罪によって同じ状況に置かれることと同等な影響(価値の損失)を与えると言える。

の2点から、だいたい100万分の1以下であれば死刑を認めても良いということになる。(少なくとも、自動車や飛行機に乗り続ける以上は)

以上簡潔にディベートの方法論を適用してみたが、どうぞご指摘、ご批判ください。
  1. 2007/09/04(火) 23:31:23 |
  2. URL |
  3. linear #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。