暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう別れようか。

ここんとこずっと植物科学の教科書読み込みに力を入れているのですが、
というのも先生の素晴らしき催眠トークに抵抗出来ず、
授業時間が睡眠時間と化しているせいなのですが、
茎頂分裂組織(茎の先端部)が葉の元となる原基ともひとつ、
腋芽をつくるらしいのです・・・ってこの腋芽、
正しくは「ワキメ」と読むのは良いのだけれど、
どうも、こう、書くたんびに「ワキガ」と読んでしまい、
なかなかにやついてしまうのが難なのであります、とか一文がなげぇー!!


近頃チャイ語のティーチャーの株が下がってます。
こないだの倦怠期からもうそろそろ、別れを切り出すか切り出さないかの瀬戸際に来てますね。
実際もうそろそろ今学期も終わりなので、別に敢えて今すぐ別れを切り出す必要はないのですが。

理由は・・話の通じなさと申しますか。
爽やかでおめめがステキでーってことに変わりはまったくございませんし、
お声も相変わらず素晴らしいのですが、
そのような刺激に慣れて来たせいもあってか、
授業中に長々と続けるマニアックな?文体トークと、
微妙に生徒の話を聞いてなかったりするのと、
こっちがボケてんのにつっこまないとことか、
このつっこまないってのが一番罪ですね。

ボケ放置ってのは極刑です。マヂやめてほしい。
だったらボケなきゃいいだろ?って話ですが、
これは大学に入学してつっこんでくれる人がいなぃーー!!
なんって嘆いていたあの頃と一緒で、
ボケ体質にとってはもう、ボケは本能と申しますか、なんと申しますか、
とにかくやめようと思ってやめられるものじゃない、
どんな場にもボケとつっこみを期してしまうのであります。


マニアックな文体トークは少し聞く分には害には全然なりませんがしかし、
毎週毎週聞いていると(しかも内容ほとんど同じ!!)
いい加減に飽きが出てくるのです。あぁーぁ。
素晴らしくよく出来ている映画なら何度だって見たいものですが、
さすがに彼のトークがそこまでのクオリティを持っている、
深い内容のものである、とも思えないですし。
大学の先生って基本的にその分野のヲタクであって、
そのようなヲタ話を長々と聞かされるのは



ここだけの話。





少しだけ。






鬱陶しい。


あぁー言ってしまったった♪♪すっきりすっきり☆☆

しかしいまいちつかめない人間ってのは苦手分野ですねぇ。
  1. 2007/06/09(土) 18:26:35|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。