暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宗教。

法輪功の捕まった幹部においらと同姓同名のヤツがいるんですよ。
これは危惧すべき状況ですよね??
俺間違って逮捕されたりしないっすかね?
帰省する際空港で足止め食らったりしないっすかね??
ほんっとに宗教って人間を滅ぼすんだゎー。ぁーこゎこゎw

最近気付いたんですけど、層化ってほんっとあちこっちにあるのね。
よく見てみたら普通に帰り道にも層化の看板があったし。
例の勧誘も8割方層化だったんだろうな。

でもあんまり層化ってなんなのかわからんかった
(つい最近まで聞いたこともなかったし)んで、ググってみたんです。
したら出るゎ、出るゎ。。

気になる人はご自分でググってみていただくとして、
(漢字はもちろん層化じゃないですよ?w)
本日3回目になる更新の本題は層化じゃないんです(笑)


僕が小学校の頃、キリスト教を近所のおばあちゃん家で毎週
学んでいたのをご存知ですか?
1年ほど学んでました。
「わたしたちの聖書物語の本」という本と厚~い聖書を持って。

そのおばあちゃんはとっても優しい人でした。
勉強しててお腹が空いた自分に目玉焼きを作ってくれたり、
一緒におはじきやったり、おせんべい食べさせてくれたり、
庭のイチジクの実をご馳走してくれたり、
怪我した猫のみぃーちゃんを介抱してやったり。
(余談だけどこのみぃーちゃんって猫のスタイルが最高なんだゎ!w)

聖書の勉強は、そのおばあちゃんと、
高校生のお姉さんによって行われていました。
「わたしたちの聖書物語の本」を一話読んで、
それに関連する聖書の内容を読んで、それに段落ふって、
内容を理解していく、というもの。
それで、だから私たちはこうするべき、
紙はこう望んでおられる、みたいな授業内容です(笑

そんな小さい頃からだったので、(しかも毎週だしね)
本来ならば自分が本気でエほバを信じてもおかしくなかったのですが。
なぜか日本昔話と同じノリで聞いていた自分がいます。
エほバはイエスのお父さんなんだぁーへぇー。
なぁーんだ、エほバってイエスより強くね??wとか。
振り返ったら塩になる!絶対何があっても振り返るなよ!!とか。
マナってどんな味がするんだろう?とか。
あと「わたしたちの聖書物語の本」の挿絵がすんごい好きだった!
うまいなぁー!!っていつも感心してました。

ですけどね、僕はそりゃあ熱心におとぎ話を聞いていた訳ですが、
小さかった僕にはわからなかったんですよ。

彼らはそれらの話をおとぎ話ではなく、本当の話であると信じていたことを。。

今更ながらあの頃の自分がすごいなぁーと思います。
だってあんな異常な空気の中に完璧に溶け込んで
しかも全く染まらなかった訳ですからね。
あんな芸当、今やれと言われてもやる自信ありませんって。

そのおばあちゃんがよく言っていました。
「キリスト教にもいろいろあるから、『エほバの証人ですか?』
 って聞いて、もしそうだったら、私たちと一緒だよ」 と。

エほバの証人。
(リンクは貼りません。検索すれば一発で出ますし?)

・・ってご存知ですか?
もしかしたら今でも家に来るのよーって方もいらっしゃるかもしれません。
それともあなたがエほバの証人ですか?w

この話題が層化と同じまとめサイトにあったんですよ。

それでちょっとぶるって来ちゃいましたw
怖がりですw自分w

んーふ。

そのおばあちゃんと僕を教えてくれた可愛い高校生のお姉ちゃんたちが
そこまでの危険人物だとはとても思えませんが・・

ま、いずれにしたって僕にはもう関係のないこと。

とにかく宗教を信じる信じないは個人の自由です。

でもちゃんと信じるか否かを自分で決めるんですよ?
しっかりと自分で判断して下さいね?

言いたいのはそれだけです。




ちなみに・・個人的にエほバの証人は頼もしい限りです。
なんってったって、彼らのよると12月25日は
イエス・キリストの誕生日じゃないからwwwwwwww
彼らはクリスマスを祝わない☆☆

ぬぁーにがクリスマスだってんだっ、へっ!!w
  1. 2006/11/30(木) 22:55:50|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。