暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふと気が付くと…

陽はもうとっくに沈んでしまっていた
明日には今朝と同じように陽は昇る
それは自分が生きてきたこの17年で
既に十分すぎるほど証明された事実ではあるが
飽きるというほど日の入りと日の出の繰り返しを見てきたというのに
オレはまだ 陽が昇らなくなる日が来るのではないかと

おびえている

現実的に考えてみれば
オレ個人にとってみると 陽が昇らない日は必ずやってくる
いつかはわからないけど…

連日のようにニュースでは西日本で起きた電車事故を報道しているが
その報道を見るたび オレは

「自分があの電車に乗っていなくてよかった」

と思う気持ちと
これは声にしたら かろうじて聞き取れるくらいなのだが

「自分があの電車に乗っていればよかった」

と思う気持ちが 正直 三次元に絡み合って生じる

今のオレには死を迎えに行くこともできなければ
もちろん死を喜んで受け入れることもできない
できないけど いずれは訪れるモノであるのなら やはり
「早めに来ていただきたい」
というのがたぶん本音なのだと思う

批判を承知でまとめると つまりは
「死にたくなくはない」
こんなふうになる
  1. 2005/05/01(日) 19:50:01|
  2. 哀。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。