暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何にも遠慮することなく、生きていいのです。

お久しぶりです。

見てる人はいないと思うけど、時間が出来たのでひさびさに落ち着いて書いてみます。
なんだかそういう懐古的な気分なのでしょうか。
ちゃんと言葉を正しく使えているのかも分からないのは、昔から何一つ変わりませんが。

本日こちらは肌寒く、せっかく気合い入れて履いたスカートも大変おさむうございます。
私がスカートを履くなんって、やっぱり変でしょうか。
しかし、きっとずっと心の奥では履きたいと思っていたんだと思います。
だから、そういう意味では開放感あふれる服装なのです。私にとっては。
まぁ・・・もっとも・・・何を言うか既に予想されているとは思いますが、
スカートという服装事体、開放感あふれるものですけども。


さてさて。スカートに代表されるように、どうでもいいことを、
ずいぶんと長く、我慢してきたように思います。
周りから強制して我慢させられてきたのではありません。
自らの希望で、そうするべきなのだと、なぜか強くそう思い込み、
私は多くのことを我慢してきました。

(何も我慢せずに言いたいこと言い散らかしてるって?
 ご冗談をw)

これは、ひょっとすると、強制的な我慢よりも性質が悪いものかもしれません。
本人が自分で自分を押さえ込むのですから、
それはもう、自己矛盾の固まりで、自虐的にも自暴的にもなりますよね。

思い込みというのは、そこから抜け出せば跡形も無く消え去るものかもしれませんが、
その実かなり厄介で、世界は全てそれによって歪められてしまいます。

私は、以前、スカート売り場に行くと吐き気を催していました。
文字通りの吐き気です。

たかがスカート。

そのたかがスカートで、なぜ面倒なことになるのでしょう。

それはあなたが本当の悩みを知らないからよ。

そういう人もいるかもしれません。確かに世間一般的で見たら
私は苦しみを知らない方なのです。それは客観的にははっきりしています。

けれど、いつも言うのは、人はいつも何かを探して自分から悩みに行くということです。

悩みがなければ悩みを作る、それほどに人間は悩みを欲しているのかもしれません。


とりとめのない文章は一向になおりませんが、

そういうのが最近になってやっと、思うように出来るようになって、
私はずいぶんと身軽になった気がしているのです。決して体重はそうではありませんが。

きっと以前より気持ちよく笑えているのです。
以前よりご飯は美味しいのです。
以前より他人との関係も良いのです。(たぶん)

たぶん、誰もだぁーれも私については私が思うほどの興味はなくて、
私は気持ちよく、気持ちよーく、思うままに、自由に、

論理的である必要も、順序立てる必要もなく、

生きていいのです。
  1. 2014/09/20(土) 19:41:29|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。