暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魅力的過ぎる飼い猫について延々と語りたい

衝動に駆られるのはバカップルのすることです。
バカップルは誰ですか?

はいノシ



という訳で、すげー粉雪見てテンションあがりました。
そういうきれいな風景を理想的な伴侶と共に見て、味わって、体験した
にもかかわらず、心が一向に晴れないのは、

芳しくない発表のせいか、
(いや、発表自体はさほどぼくは悪いとは思っていない。
 というより、発表に問題は全くない。
 問題があるのは、おおもとの種の部分です。発表の部分ではない。)
両親による反対のせいか。


両親による反対というのは思いのほか重くのしかかるのですが、

そうは言っても、こっちも「はい、そうですか。じゃあそうします」
と言って、まるでスーパーで買ったばかりの野菜を、
店出る前に返品するときの、店員みたいな対応を
する訳にもいかんのですよ。

だいたい、店員はさておき、
このような内容の事件においては、
そういう対応こそ不誠実で、娘である私の人格に疑問を抱かせるものではないか。


ぼくにはひとつ、いくら考えてもわからないことがあるのだけれど、

彼らは、娘が熟慮に熟慮を重ねてやっとこさ決意を下した事柄について、
状況もよく知らない人の意見ひとつで、

ころっと決死の思いで下した選択を変えてしまうような、

そういう人間であって良いと思っているのだろうか。

24歳にもなって、自分で恋人一人決められないような

そういう人でよいと思っているのだろうか。




いくら考えても分からない。さっぱり分からない。
一緒に二十年以上生活してきて、
彼らの考えを
ぼくは一向に理解出来ないようです。



さてどうしたものか。




間違った選択だったとして、決定は決定なのですよ。
最重要な点は。
  1. 2012/02/01(水) 21:08:18|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。