暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だからなんだ、という主張。

おはようございます。ラボにおりますが、物事には順序というものがありまして。
まぁ皆様もそうなように、そろそろこの状況に飽きてきました。

という訳で、自分の力でそろそろ浮上しようと思います。
実際、ぼくもこういうのはつらいですし、
他人にこの体重○○キロもあるあてくしを浮上させる能力など、
あるはずがないですしね。
他人の力で浮上したとか、癪じゃないですか。そもそも。
他人の力で浮上するくらいなら、はじめから沈みません。
そういう人間です。


私のような人間において、だからなんだ、という言葉は、実に魅力的で、
万能の特効薬でもあります。実際のところ。

すべてを肯定してくれるからです。

肝心なことも考えることが出来ない、いや、考えることをせずに、
ただ結果が出ない、将来が不安だとぐだぐだ言っているだけで、
おまけに言い続けることによって、周りの人も
あわよくばこちら側に引きずり込もうとしているという、
どう考えても邪魔な存在である私ですら、

だからなんだ という言葉のもとには、正義です。

この言葉の力強さが分かりますか。



これが浮上するための第一のポイントです。
ここに置いて大切なのは、他人のことを一切考えない、ということです。
他人にどう思われようと、意に介す必要は全くありません。
ひとりひとりには、ひとりひとりの事情があって、
それが外面的に見て分かりやすい事情であっても、
内面の他人には決して分かり得ない事情であっても、
事情であることに変わりはなく、物事の解決のためには考慮せねばならない点であります。
しかし、他人は外面の事情しか気付きません。
自分の事情は自分が一番良く知っているのだから、
浮上するためのヒントはここにある訳です。


浮上するための第二のポイントは、ハードルを下げるということ。
ハードルの低いことは軽視されがちですが、
それすら出来ない状況において、ハードルの高い物事を成し遂げようとするのは、
それはもちろん苦しいことであり、難しいことであり、不可能に近いことです。
立ち上がることの出来ない人間に、走ることが出来ますか。

はいはいすら出来ないのなら、はいはいすら出来ないと嘆くのではなく、
はいはいするためには何をしたら良いのかを考えます。

周りの同世代の人たちが、百メートル走で10秒を切ろうと頑張っている中、
あなたがはいはいをするための努力をしたところで、
何も罪にはならないのです。


そもそも。

仮に一生はいはいすら出来なかったとして、
だからどうしたと言うのですか?(第一のポイントの再提示


実際の生活に当てはめて考えます。

就職も出来なさそうだし、研究も出来ない。ダメだ。死にたい。

良いでしょう。
ハードルを下げましょう。


息は出来ますか。
出来ます。
沈丁花の香りに気付きましたか。
気付きました。
こないだ無事に定期券、6ヶ月買えましたね。
はい。買えました。
小部屋の業者さんの対応、やろうやろうと思って、出来ましたか。
はい。出来ました。
ずっとファンが扇風機なみに回転していたパソコン、どうなりましたか。
はい。箱を開けて徹底的に埃をとって、いろいろ抜いたり挿したりしてみたら、
現在は毎朝無事に起動してくれるようになりました。

毎日の食事は三食美味しく食べることが出来ています。

睡眠も申し分ありません。

電車だって間違えずに乗ることが出来る。

あんなに苦労していたPCRだって、
ここんところは随分と安定してきたじゃないですか。


常に最低のところにいます。
毎日の積み重ねで、人は確実に成長します。
同じ場所にとどまっているなどということはあり得ません。
自分で気付かないだけで、

あなたの意志とは関係なく、

確実に人は成長しています。


その速度に不満を持ちますか?

仮に他人より極端に成長が遅くて、結局学位も取れずに、
就職も出来なかったとして、

だからなんだと言うのですか?

いざとなれば、いつだって終わらせることが出来るんです。
何をそんなに焦っているんですか。


浮上までの時間は、二週間ぐらいで行こうかなぁ。。。


だからなんだって、話。
  1. 2011/03/10(木) 11:06:17|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。