暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダメでもやる。

最近落ち着いてブログ書く時間がなかったってゆーか、
自分が落ち着かなかっただけってゆーか、
なんっかブログの存在を片隅においやってたってゆーか、
とにかくブログというものは、
自分の生産的な脳内活動あってこそのものなので、
ただひたすら受動的に、短絡的に刺激を求めてる時には、
そりゃあ触らないよねって話です。

うーん。分かってもらえたかしら。


なんっかちょっとうまく生きてないんだけど、
もしかしたらそこらへんちょっとペンギンかな?とか思ったりしたけど、
よくよーく考えてみたらペンギンは泳ぎが得意なのよね。

じゃあ泳ぎの下手なペンギンはどうなるの?ってなると思うけど、



悪いけど自然界じゃ泳ぎの下手なペンギンは、淘汰されます。

それが現実です。


いやだいやだ。いやだゎ。いやだゎったら。

ま、それでも淘汰される訳で、
自分から淘汰されに行くバカはいません。皆さんご注意を。


なんっかね、卒業式に向けて準備してるんだけどね、
間接的なのか直接的なのか

いっちばん避けてきた部分をこう、なんだろう、
受け入れなきゃいけない連続で、なんっかもうアカンのですよ。


だいたい醜いあひるの子は、あひるじゃなくて白鳥の子だったのよ!
ってオチだけど、あの話よくよく考えてみたら意味分からなくない?

物語の美的観念としては、

白鳥のアダルト>アヒルのアダルト
アヒルの子>>>>>>>>>>>>>白鳥の子

なんだろうけど、醜いあひるの子ってタイトルの時点で、
白鳥の子をアヒル基準で見てる訳ですよ。
そらおかしいだろ、と。

たぶん言いたかったことは、今がダメでも将来すごくなるかも!
みたいなことなんだろうけど、

白鳥の子はただ、アヒル基準にされていたことが不幸なだけであって、
美しい白鳥になるべくしてなった訳ですよ。
仮にずっとアヒル基準だったら、醜いアヒル。になってる訳で、

基準が途中で変わってる時点で、この話おかしいんじゃないか、と。



何が言いたいかって、ひどい状態で生まれた時点で終了なんです。
別に見た目だけじゃなくて、その他もろもろ。

っふーんだっ!


終了だからなんだって話。終わってますが、何か?

いくら見下されたって何されたって
おいらは毎日学校に行ってちゃんと実験やって、
それでしかも英語とかチャイ語とかしっかり勉強して、
ほんでもってお部屋もきちんと整理整頓、
毎日の自分の生活を極力自制出来るように頑張って、
あがいてかなきゃなんねぇーんだようっせー!うっせー!
  1. 2010/03/07(日) 00:02:22|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。