暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読み返してみるとまるで大反省会じゃないかw

書きたいことがいっぱいあり過ぎてどうにもまとまらないので
箇条書きに近い形で書く。


1、10月1日のこと

還暦ですよ、ということ。勝手に学校を半日休んだ。
ちゃんと自身では納得していた。
自分の存在の基底となるものの一つであるから、
強くなくてはならない存在で、私はその今を見る必要がある、と。
でも結局は罪悪感に苛まれながら西日の中を必死に登校した。
ひどく真面目な性格よ。


2、非常に自分自身だけのゴタゴタ

その1、卒研 その2、院

視野が狭いな。でもどうにか卒研は転ぶにしても、
院の答えは来年になって現実になってからじゃなきゃ何も出来ない。
怖くない、怖くないよ。大丈夫。
現実はいつも私の想像をはるかにしのぐ勢いできっと行ける。


3、成長について

まだまだスピードが足りない。 知識が足りない。
他人への思いやりも自身の気持ちの入れ方も足りない。
今日も足りなかった。
だめだ、ちゃんと前に出なくてはいけない。

他人の評価は過去に対するものである一方、
それは未来に対する期待、
前に前にどんどん進まなくてはいけない警告なのだ。
でもだからと言って怖がってはいけない。
というかなんでもかんでも怖がり過ぎなんじゃないのか。

あとで考えれば出る答えなら、その場で考えろ。


4、免許の話

もうじき一年になる。車の運転で性格が分かるのが本当ならば、
自分は随分とお人よしな人間に違いない。
でもどうしてかいまだにスピードを落とす意識がない。
とまるための減速はあるけど、ここは危ないからゆっくりよりかは、
危ないならとっとと行こうぜ的ノリになってしまう。あれ?w

こないだ初めて助手席に父親以外の人間を乗せて走ったのは
うれしかったなぁ。


5、指摘されたこと→ちょっと生活がヒドい。

物事の優先順位がヒドいことになっている。
決して遊びアリきの生活であってはいけない。
見直さなきゃいけないよ。
夜はちゃんと寝よう。


6、1~5を踏まえての、どこに目を向けるかについて。

冷静になれば分かることだけれど、
今年の目標を思い出してみなくちゃいけない。
自分ばかりに目を向けてないでちゃんと他人を考えなくてはいけない。

きっと違った言動がとれるようになる。
基本は自己中な生き物だけど、意識次第でなんとか出来るところは
なんとかしなくちゃいけない。多少マシになるだけでも
マシになるだけマシなんだ。



反省をしたから、次につなげなくてはいけない。
ちゃんと前に進まなくてはいけないよ。


以下、反省ではなく思考整理なので追記へ。
1つは土手で「たか~いたかい」をする親子のシルエット。
追いかけっこしたり、子を待って父は大きく抱き上げる。
それを少し先から振り返り、おそらく微笑んで見守るのは母。
時は夕暮れ。

映画のワンシーンみたいに幸せがあふれてた。

いいなぁ。あこがれるなぁ。。


1つは上に上に這いあがる人の姿。
周りから何も期待されなかった彼が
少しずつ自身の努力で注目を集め、期待に応え、賞賛を浴びていく姿。
野心を持っている人は魅力的である。
他人を蹴落としてこその人生だ、と。



いやん。どっちも欲しいなぁ。。。
二者択一かなぁ。。。それともどっちも無理かなぁ。。。
  1. 2009/10/03(土) 00:17:42|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

コメント

これでもかって宣伝だよね。
というかおめでとうっていう反応なんかw
た・たしかにそうかw
一生懸命練習したお兄さんたちの行進ばっかに
気をとられて本来の目的忘れてたゎw

お、今度交代で運転しながら遊びに行くー?w

むしろこの夏あえんかったから会わなくてはいけないな。はっは!
  1. 2009/10/03(土) 13:40:36 |
  2. URL |
  3. ann #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

たしかに還暦か!旅行中TVでもずっとCMしてて盛り上げてた。やっぱ何というか勢いがすごいよねー。おめでとう!
西日を浴びながら登校とかえらすぎるw

あと運転は慎重に・・・!w
  1. 2009/10/03(土) 09:05:16 |
  2. URL |
  3. はるみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。