暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帰省メモ。別れの涙。

自分は、結構冷静な方だと思うのですよ。
焦ったときは別として(おい

んだから両親と別れる時でも、ちゃんと我慢してて、
涙するのは、電車に乗ってから、とか、家に戻ってから、とか

ママー、行かないでー

なんって記憶にはない。
え?みんなは我慢した記憶すらないって?

んもう。薄情だなぁ。。。w


ところが今回は。って話です。私ったらどうしたのかしら。

福建に行ったってのは前の記事でも書いたのですが。
そこで出迎えてくれたのは母の大学の同級生。

仮にSおじさんとでもしておきましょうか。

こっちも案内してまわるお客さんを連れていったんだけれど、
Sおじさまはなんと、ステキにも、お客さんをワゴン車、
自分の運転するセダン(セダン?w)に母とおいらを乗せて
いろんな場所を回ってくれたのだ。


その車に乗った瞬間から、仕事づきあいのお客さんから解放されたのか、
僕はなんだかとても懐かしい感じがしてとってもリラックスしたのだ。
Sおじさんが本当に忙しくてひたすら携帯で指示を出していたにも関わらず。
ついでに初対面だったにも関わらずw


まぁこういう場合、基本的にはSおじさまがダンディーでかっこよかった!
ってのがおいらのこのブログの基本オチなのだけれど、

ところがどっこい。

ぜんっぜんイケてない。(失礼?w
どこをどう見てもダメなんですけど、
おいらは声フェチだから声が良ければそれでなんとかなることもあるんですけど、
声もダメなんです・・・いや、本当に。



それでも本当に不思議なことなのですが、
なんだか一緒にいると嬉しくなる人だったのですよ。
これはたまげた。
会話かと思われるでしょう?
ほとんど会話もかわしてない。

何が。
一体何がそんなに魅力的なのか、と。
もうさっぱり。

良い人だなぁ。すごいなぁ。

なんって思いながら、いざ2日目のお別れになって、
俺ってばお客さんもいたのに 涙ぐんでたとか話になんねぇ。


面白い体験だったなぁ。。
  1. 2009/09/24(木) 22:49:55|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

コメント

いやいやいやいやいやw

全力で否定s(ry

春はとりま、恋、夏もひと夏の恋、秋も恋で、冬もやることないから恋とか一年中恋の季節になっちゃうじゃないですかw

確かに人間はいつも恋の季節ですけども!!w


あれ。そんなことをいうuniさまも・・・もしや!w
  1. 2009/09/25(金) 23:45:28 |
  2. URL |
  3. ann #J6b.G846
  4. [ 編集]

秋は恋の季節ですから。
  1. 2009/09/25(金) 22:39:38 |
  2. URL |
  3. uni #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。