暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

障害or個性&習慣の違い。

電車で歩きにくそうな女性を見た。
明らかに表情が引きつっていて指の関節は固まっている様子だった。
腕の筋肉はその体の細さからすれば異常に隆起しているようにも見え、
頭を動かす時は痙攣するかのような不自然な動きであった。

今朝は満員電車だった。

上のような詳細の観察を行ったのはもちろん彼女が
おいらの前に立ったからで、不便な体でずいぶんと冒険をするなぁと思った。
実際彼女は某大きな駅で降りる乗客に押されて苦しそうだった。
必死に変形した手でつり革につかまり、のけぞった顔は
異様とも見えるほどふんばっている様子だった。

しかしそこで彼女の体を支えるのはおそらくルール違反で、
おいらに出来ることは早く彼女から離れて空間を作ってあげることだった。


『障害ではなく個性だ』

で、口調をかえます。
なんか個性って言われたらものすごく障害を肯定しているようにも聞こえるけど
肯定したらなんかそのままで良い、治す必要はないって感じじゃない?
でも現実問題治せるんだったら治すのが一番って人の方が
絶対多数を占めている訳で、従って障害を個性だ、と言うのにはやはり
大きな問題があるんじゃないか、と思って仕方ないのだ。

そんなふうなことを考えつつ朝の学校に研究室で一番乗り!
最近はマスクの酸欠状態にも慣れてきて、
でっかいマスクに顔の大部分が隠されていると思うと妙な安心感があります。
それでその下ではにやにやしたり、あうあうしたり、好き放題。
せっかく慣れたので飽きるまでマスクで登校、
精神安定して今日も一日ぎゃんびゃりゅぞいってコンセプトです。


おぅ、そう言えば帰りは、駅構内で、
日本人の若い女性が白人のおっさんを連れて渋谷に来て、
道に迷ったかなんかして、日本人のおばさんに助けられた後の、
その別れのシーンを見ました。

はじめに日本人の若い女性が普通にお礼を言って、
白人のおっさんは外国式でハグをするのですが、
日本人のおばさんはハグはかろうじて受け入れたものの、
キスはないだろ、キスはって感じで
思いっきり手で相手のキスしようとする口に当ててました。

その動きは双方見事にスルーされて、
『本当にありがとうございました。助かりました』のお姉さんの言葉に、
『気をつけてねっ』というおばさんの心優しい言葉で別れていきましたとさ。

おばさんの動きがなんともナイスだったね。
白人だからってあたしにどさくさまぎれでキス出来ると思ったら大間違いよ、
日本に来たんだからいい加減そのおかしな習慣治しなさいっ!みたいな。
  1. 2009/05/29(金) 00:19:09|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。