暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナオミの夢の中の夢の夢


ひとり見る夢は
すばらしい君の 踊るその姿
僕の胸に ナオミ
ナオミ カムバック トゥ ミー



ふとこの歌がまた頭の中をエンドレスリピートし始めました。
『ナオミの夢』というタイトルだそうです。
1971年にイスラエルの歌手グループが発表したもので、
もともとコーヒーCMの曲なんだそうな。

そんな曲の詳細はどうだっていいのです。

山を登り谷に下る。
毎日その繰り返しです。

現実では、一生懸命に登ったら、必ず上に行きます。だけど。
だけど、それが人生の場合、

一生懸命登っても、気付いたら谷のどん底だったなんって。
笑えない冗談だ、なんって。


論文発表をしたら気分が悪くなって、
急遽実験を全部取り消して、
マイパソ持参で、学校内で姿をくらましました。
その時間、何をしていたのかと言うと、
『ジェシー・ジェームズの暗殺』を見ていました。ブラピ主演です。
考えさせられる映画でバカな私にはさっぱり心理描写は通じませんでした。チーン。
2時間半。
首をひねりまくって肩凝りなうです。
その後喉が痛くなってきて、風邪をひいたみたいでした。
マスクをすると痛みは引くのですが、ラボにとりに戻りたくありませんでした。
腹巻を鼻に当ててみましたが、息苦しいのですぐに断念しました。
少し眠りました。
いよいよ体調が悪くなりました。外の空気に当たらなければなりません。
ペットボトル内の液体が底をつきました。
フィレオフィッシュの100円期間だったことを思い出しました。

少しだけ、元気になったのはこのときからです。

フィレオフィッシュを食べようとしたら猫に横取りされ、
恐ろしくなりました。
いっぱい泣いて、でも、理由は言いませんでした。
なんとなく想像はつくのだろうとは思いますけど。

室内で感じるより暖かい風に、少し背中を押してもらいました。


家に帰っていっぱい食べてしまいました。
一概にデモれば良いというものではありません。
民主化至上主義のメディアがうざ過ぎます。
ぼくは正直、デモの拡散を恐れています。

大衆の力は絶大です。

そして、あらぬ方向に、本当に誰も予想しなかった方向に、
物事は進んでしまうのです。

いたずらに扇動するのは危険です。

熱くなればそれが正解でしょうか。考えものです。


しかしそうはあっても、ぼくはぼくの人生を歩む他ないのです。
この足りない頭と
使えない体と

意味のわからない精神で。


ひとり見る夢は。
おやすみなさい。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/24(木) 23:51:33|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

本日も順調に野菜ってる。


やばい。8ヶ月のところを1ヶ月水増しして9ヶ月って書いてもーた。やばい。
もはや計算出来ない。

目の下のクマがいよいよしっくり来はじめてます。

うへええええええ。

産気づくのは好きじゃありません。おやすみなさい!
  1. 2011/02/19(土) 00:26:58|
  2. 日常。
  3. | コメント:4

疲れきった状態をチャイ語では、『野菜った』と言ひまふ。

本日のダイジェストはイケメン助教の美しすぎる奥さんではなく、
ふらふらになりながら両親を待って、ラーメンを食べて帰ったお夕飯でもなく、
文献検索の醍醐味をweb of scienceのサービスで今更知ったということでもない。

もちろん、図書室で1時間ほど仮眠をとって、
そのお陰かそのせいか、
いよいよ胃腸の具合が悪くなってきたということでもない。

そして、帰りに電車で見かけた、クソよりチャラい髪型をした
どう聞いてもチャイ語を話す人たちのことや、
目の前に座ったおっさん二人が二人とも二人分席を占領していたことでも、
頭の良い自販機が、
今日はあたたかかったのにコーンスープを勧めてきたことでも、ない。

今日のダイジェストがなんだったのかをここに書き記すつもりはないのだが、
そのダイジェストの主人公が今忙しいらしいので、
かまってくれないからブログを書いている、
なんって書けばバカでも分かるだろうか。つまらんちん!ぷんぷん!


お付き合いを始めてそろそろ9ヶ月。

一緒に夏・秋・冬を過ごして、次は春を迎えます。

お互いの考えや生活をすり合わせることは難しくて
ソフトバンクに救われたりもしたけど、

今日、鏡の中にうつった二人並んで歩く姿を見て、
とっても良いなぁ、としみじみ思ったのであります。

げへっ げへげへっ
  1. 2011/02/17(木) 22:37:47|
  2. 日常。
  3. | コメント:5

痛みに耐えながらぶるーまんでーいを迎え撃つ覚悟。

肩が凝ってしょうがなくて、おかげで頭がすごく痛い。
痛い痛いと思って一応発表スライドを作るためにパソコンに向かうのだけれど、
集中出来ないやーなんってネットサーフィンしてると
余計痛くなってきて、いよいよ集中できないやー状況です。

完全に自業自得。

先日寒い寒いと言って駒場の駅を歩いてたら、
高校の同級生に会いました。

なんだか、成長してました。
あの、えっと、加齢的な意味で。

えっと。あの。つまりは、おとなっぽくなっていたということです!


それで話ついでに彼女さんのことも聞いてみたら、
まだ続いているみたいだそうで。

ということは、かれこれ7年ぐらい?!
なんって別れた後に計算して、

普通にすごいなぁ。と。素直に感心してしまった。

あなた意外と一途なのね。。。と。
いやぁ!おめでたい!


一方でかの従兄はと言うと、またも彼女さんとお別れした模様で、

恋愛も、結構百人百様なんですね。


いやぁ、頭痛い。実に痛い。ついでに眼球痛い。
  1. 2011/02/13(日) 20:29:20|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

午後4時。

午後4時。

一日降り続いた雪で、窓の外は随分と白くなりました。
雪は道路にではなく、土手に積もるみたいです。

さきほどスズメが二羽、仲良くベランダに雪宿りに来たようで、
暖かそうな胸の羽毛を膨らませて、ぴょんぴょん跳ねたり
こっちをじっと見たり。

雪景色とすずめとは、実に良く合いますね。


私はと言うと、朝から一人、
良いところと悪いところを言ったり来たりしています。

休みの日に一人で家という環境が、そうさせるのかもしれません。

そう言えば、今日上海に飛ぶと言っていた先輩の飛行機は、
無事に成田を出発したのでしょうか。
つぶやいてなさそうなところを見ると、出発したようです。
技術はすごい。
しかし雪はもっとすごい。

降りますね。
いや応なしに・・・降るんですね・・・。



分かってはいるけど、自爆しそうです。
やることはいっぱいあるのに。分かってない。
まぁ、こんな人です。
そう言って自分をあきらめて、更に雪は降り続く。
  1. 2011/02/11(金) 16:37:33|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

もう寝よう。

バカみたいに心をつながれていて、
身動きが取れないでいる。

もう寝よう。
そう思って夜中までなあなあに過ごして待つ時間は。

今日は本当に、

・・・もう寝よう。
  1. 2011/02/10(木) 22:58:56|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

『赤羽づかおれぬ』

最近眠くて。
電車でも座ったが最後、目的駅まで眠りこけます。
記憶はありません。


それで今日も記憶なかったんですけどね。帰り。
一応目的地前の赤羽駅で、もうすぐ家着きますよメールを
送らなければならないのですけど、

半分寝ながら必死にメール打って、

カタカナ入力しか出来なかったり、
何回打っても正しい内容が打てなかったり、
送信したと思ったらしてなかったり、

数々の苦難の記憶はあれど、しっかり送信した記憶もあったんです。



それで地元の駅で飛び起きて、徒歩で帰宅しますでしょ?

メール送ったのにどうして親は返信くれないんだろう?
今日忙しいのかなぁ?
まだ家に帰ってないのかなぁ?

なんって疑問に思って携帯をチェックしたら、


着信2件に留守電1件、メール2通。


あれれ。ぼく何かやらかしました?


そう思って送信履歴を見たら、


タイトルの文面ですよ。


『赤羽づかおれぬ』



そりゃあ慌てますよねですよねぇ・・・

なんって、久しぶりに爆笑した訳なんですけども、
身体は休息を望んでいるみたいです。

今夜は反省して早く寝なくては。
  1. 2011/02/09(水) 23:09:06|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

まず初めに注意していただきたいのは、基本的に自問自答だということ。

昨日の今日で心穏やかなはずもなく、
明日は予報どおり雪が降るでしょう。




研究者は皆、どエムである。

使い古されたこの名言は真実です。


日々の研究は毎日の小さな挫折。

いくら勉強しても分からないことだらけ。
誰に聞いても何を見ても、どうしても、分からない。
分かるようになるためにはどうしたら良いのかすら、分からない。

毎日実に不確かなものに触れている。
不確かなのは、研究者の行く末だけで十分だというのに・・・。



ときどき・・・いや、実は毎日思っています。

あなたが命を削ってまでしているその研究は、
あなたにとってどれだけの意味があるものですか。

あなたが命を削ってまでしているその研究は、
あなたにどれだけの幸せをもたらしますか。

あなたが命を削ってまでしているその研究に、
あなたはどこまで犠牲を払うつもりなのでしょうか。



それでやっぱり自覚するのです。

あなたには、研究を行う資格がないのだ、と。

しかしそんなことはどうだっていいのです。
もはやどうだっていいのです。

いくら待っても春はやって来ないけれど、
もう来ないとあきらめたその次の瞬間にも
春はやって来るのかもしれないと、

そういうジレンマに陥って、そして。
  1. 2011/02/08(火) 22:52:14|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

ねるまえのろとろと。

喜ばしいことを一つ、忘れてました。
友人がどうやら、おおもとのオリジナル、とお付き合いし始めたらしいのです。
これまでのコピーともども、二次元ともども、
犠牲は数多くあったけれど、

これで幸せになってくれることを心より願います。


一人の友達の誕生日と、一人の友達への礼状を書くのを忘れていました。

世の中には忘れていいものと、良くないものと2種類あって、
上記のような、被害者が自分以外になってしまう忘れ物は、


許しがたい蛮行ですね。


ねむい。とてもねむくなりました。
はるをまってふゆがきて、さくらがちってゆきがつもった。
はやい。とてもはやい。

おやすみなさい。
  1. 2011/02/08(火) 01:37:42|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

攻撃されてないのに反撃するのはやっぱりいくないと思うんだ。


女性が嫉妬に狂った状態を【鬼】と定義します――


本日の卒研発表の受け売りです。
やっぱり意味のわからないものは印象が強いですね。
あぁ言う良く出来る人がいても、ぼくみたいな凡人以下は、
精一杯恥をかいて生きいかなければならないんです。
まったく世の中辛すぎる・・・。


しっかし皆さん発表はとても上手で、
やってることも面白そうなものばかりでした。

ぼくが4年の頃は怒りに頭のネジがとれていた頃でしたから、
ちゃっちゃかやって、はい、ばいばいというスタンスで、
まぁそれでなくてもあんなちゃんとした卒研は出来ないのですが、
とにかく、ぼくなんかとは比べ物にならないくらい、
皆さん優秀でした。これは本心。

強いて言うならば、
質問は最後まで聞いてから答えましょう、ぐらいですかね。

どうも、質問に答えなくてはいけないと気構えてしまうと、
ディフェンドの態度を取りがちですが、
だいたい、先生方は卒研生にアドバイス程度の質問しかいないので、
別にディスられてないんだから、
そういう答え方するなよーってのが結構多い。
おまけに、緊張のせいで質問をちゃんと聞いてないせいか、
全くもって質問と答えが噛みあってなかったりする。
他人様のことは言えませんけども。


何はともあれ、4年生の皆様の発表は無事に終わりましたので、
あとは理学系の修士の皆様の発表を待って、
今年度も一区切りつきそうです。

来年は早速5月にぼくの中間発表があるので、
今までの反省も込めて、
しっかり勉強して、のぞみたいと思います。希望ね。一応。希望だから。

もちろん、発表はショーですから、
そういう意味では、これまで通りのスタンスでまいりたいと思います。


ってなわけで、3時間弱の卒研発表を聞いての感想でした。 【“攻撃されてないのに反撃するのはやっぱりいくないと思うんだ。”の続きを読む】
  1. 2011/02/08(火) 01:26:21|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

新年のずる休み。俺の後継ぐのはお前だから(?)

あけましておめでとうございます。
毎年2回、新年のご挨拶を申し上げていますが、
その通りに毎年2回、新年を過ごしております。

旧正月という名のずる休みです。
実験がうまく行っていないからやけくそです・・・


という訳で今夜は家族ともども、少し夜更かしさん。


思えば去年の旧正月は上海で過ごしました。

母方の祖父の、最後の旧正月でした。

なかなか旧正月が休みにかぶることがなくて、
ここ数年、国で過ごしたことはなかったのですが、
偶然にも、その最後の旧正月を一緒に過ごせて、
今更ながら、良かったなぁ、と思います。

回想はつづきに書きますが、
とかく、その彼が去って一月も経たない間に、
相方と出会って付き合いました。

こんなこと言うと、もしかしたら相方は気持ち悪がるかもしれませんが、
何かしら、意味があることだと、信じたいのが人間というものです。

そういう意味でも、大切にしていきたいと思います。
忘れっぽい私なので、ともすれば、始まりの記憶を全部置き去りにして、
目の前の怒りに我を忘れがちです。
だから、自分に警告しなくてはいけません。

本心に、嘘をついてはいけません。
気付かないふりをしてはいけません。


小さな物事に気をとられ、方向性すら間違えることは、愚かです。


新しい一年、成長していきましょう!



以下、祖父の思い出語りにつき、面白くありません。 【“新年のずる休み。俺の後継ぐのはお前だから(?)”の続きを読む】
  1. 2011/02/03(木) 02:56:58|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。