暗くたって1人前。

現代人のノリについていけない一昔前の世界に生きる人間の日々。辛く楽しく、それでも生き抜けたもん勝ち!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

障害or個性&習慣の違い。

電車で歩きにくそうな女性を見た。
明らかに表情が引きつっていて指の関節は固まっている様子だった。
腕の筋肉はその体の細さからすれば異常に隆起しているようにも見え、
頭を動かす時は痙攣するかのような不自然な動きであった。

今朝は満員電車だった。

上のような詳細の観察を行ったのはもちろん彼女が
おいらの前に立ったからで、不便な体でずいぶんと冒険をするなぁと思った。
実際彼女は某大きな駅で降りる乗客に押されて苦しそうだった。
必死に変形した手でつり革につかまり、のけぞった顔は
異様とも見えるほどふんばっている様子だった。

しかしそこで彼女の体を支えるのはおそらくルール違反で、
おいらに出来ることは早く彼女から離れて空間を作ってあげることだった。


『障害ではなく個性だ』

で、口調をかえます。
なんか個性って言われたらものすごく障害を肯定しているようにも聞こえるけど
肯定したらなんかそのままで良い、治す必要はないって感じじゃない?
でも現実問題治せるんだったら治すのが一番って人の方が
絶対多数を占めている訳で、従って障害を個性だ、と言うのにはやはり
大きな問題があるんじゃないか、と思って仕方ないのだ。

そんなふうなことを考えつつ朝の学校に研究室で一番乗り!
最近はマスクの酸欠状態にも慣れてきて、
でっかいマスクに顔の大部分が隠されていると思うと妙な安心感があります。
それでその下ではにやにやしたり、あうあうしたり、好き放題。
せっかく慣れたので飽きるまでマスクで登校、
精神安定して今日も一日ぎゃんびゃりゅぞいってコンセプトです。


おぅ、そう言えば帰りは、駅構内で、
日本人の若い女性が白人のおっさんを連れて渋谷に来て、
道に迷ったかなんかして、日本人のおばさんに助けられた後の、
その別れのシーンを見ました。

はじめに日本人の若い女性が普通にお礼を言って、
白人のおっさんは外国式でハグをするのですが、
日本人のおばさんはハグはかろうじて受け入れたものの、
キスはないだろ、キスはって感じで
思いっきり手で相手のキスしようとする口に当ててました。

その動きは双方見事にスルーされて、
『本当にありがとうございました。助かりました』のお姉さんの言葉に、
『気をつけてねっ』というおばさんの心優しい言葉で別れていきましたとさ。

おばさんの動きがなんともナイスだったね。
白人だからってあたしにどさくさまぎれでキス出来ると思ったら大間違いよ、
日本に来たんだからいい加減そのおかしな習慣治しなさいっ!みたいな。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/29(金) 00:19:09|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

イクオリン。

アクエリオンじゃないよ、イクオリン。Aequorin。

本日、GFPって蛍光塗料とは違うしくみで光っていると思う、と自信満々に
口を滑らせてwから、どんどん心配になり帰宅して検索。

そもそもUV当ててGFP光らせてるけどクラゲって普段UV当たんないし、
どうやって光るんだ?
時計の文字盤に塗ってある蛍光塗料って励起光当ててなくても
光るから実験で言う蛍光物質とはやっぱり違うものなんだろうなぁ・・・


とか。疑問を解決するべく検索検索。


予想外に簡単に答えはウィキで見つかり、
今までこの疑問を抱かなかった自分に危うく乾杯するとこでした。


話をまとめるとGFP、GFPと騒いではいるけど、
実は光るオワンクラゲさんの体内ではもう一種類、イクオリン
っちゅー発光タンパクが存在している。

こいつがカルシウム濃度感受性で細胞内のカルシウム濃度上昇により
青色の蛍光を出す。この蛍光がちょうどGFPを励起させる光の波長と
かぶるのでこの青色蛍光によりGFPが励起されて緑色蛍光で光る訳。
UV=イクオリンの蛍光の代わりって訳だね。

蛍光塗料ってのも励起光を必要とするのは間違いないんだけど、
いつまで経ってもなかなか暗くならないのは
物質の違い、なんだそうで、蛍光であることに変わりはないらしい。

蛍光ペンとかの蛍光と蛍光色素の蛍光と
明らかに違うだろ!とか思ってたけど、
原理的には同じと考えて良いっぽい(某メーカーサイト見て。



上の説明分かりにくい&詳しく知りたい!って人は続きから。 【“イクオリン。”の続きを読む】
  1. 2009/05/28(木) 23:13:41|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

うっしゃ!実験暇になったぞ→何も進まない。

ども。これを書いている部屋でも窓の外から

ブオーンブオンブオンブオンっ

ピーポーピーポー

ブブブブオーーーーンブオンブオン

パリラリラー ピーポーピーポー ブオンブオンっ

と、警察と暴走族の合奏が聞こえてくる田舎に住むannです。
僕はてっきり暴走族などというものはとっくの昔に絶滅したとばかり
思っていただよ。。。
まぁヤンキーという言葉が現存する土地柄ですから、
いたし方ありませぬな。

変種の中二病ですよね。

そう言えば帰りに車の下に電球つけて、道路に向かって
青やら白やらの光を当てて自己主張しまくる車を見ました。

世の中若いものです。


さて、2週目のタンパク取り、
(ちなみに木、金は4℃で放置プレイという暇加減。)
操作も慣れてきて気持ち的に余裕のよっちゃんですが、
実験が暇だからって他のことが進む訳じゃないんだね・・・

基本的な因果関係は以下のようになります。

実験が暇
→精神的にゆったり
→神経がはりつめていないので普段の疲れがどっと出る
→体調が悪くなる
→寝る
→何も進まない。


かと言って実験をたくさんやってても
考える時間がなかったらそれはまたそれでダメなんよなぁ。
難しい。

むしろ盗んだバイクで走り出した方が楽なんじゃないか、と。

いや、まずバイク盗む時点で大変だよな。
キーとかどうすんの。キーついたまんまのバイクを探すの?
でもどうやって?・・・やめとこやめとこ。
  1. 2009/05/27(水) 22:55:53|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

気圧的に最悪っすよねー

タンパク質の限外ろ過でミスる俺ってどんなんだろう。
水分を落とせば良いのね?的ノリで落としてったら上に水分皆無に。
ってかそれって考えてみたらタンパク質カピカピやん?w

もっとも気づいたのは土曜のいざ帰宅!直前で
急にめんどくなったおいらは実験そっちのけで帰宅。
もうね、こうなったらやけくそですよ(使い方が違う

本日ピペッティングで回収出来るものは回収してみようと思って
やってみたらさすがおいらのリコピちゃん、立ち振る舞い超大人でマヂ良い子w


ま、そういう訳で機嫌が良いannです。
なんやなんや、単純やなぁ。

今朝は人に会うたび「今日気圧低いっすよー」とか
意味の分からない不満を漏らしていたくせに。


そう言えば駅で進行方向に知り合いを発見して回れ右しました。
その後は何線に乗るのか横目で尾行。
いやん。趣味悪いんw
  1. 2009/05/25(月) 22:57:34|
  2. 日常。
  3. | コメント:3

ストレス解消法①:酔っ払いの真似をする。

一時回避策です。なんのこっちゃ?って人は
スルー、その他もスルーで願います。
という訳で再接続。


困った時には先生からもらった長文メールを
読み返して復習するannです。ども、こんばんゎ。
こんな生徒をもった先生も幸せもんだな、ふっ。

面白いことに読むたびに新発見がある。
その時その時の気持ちの違いで、
たくさん並んだ言葉の中でも光る語句が違ってくる。
何回読み返してもその度に違う道理を
分からせてくれるメールってそうそうあるもんじゃない。

・・・ちょっとほめ過ぎたかもしれない。
でも実際そうだから良いじゃないか。

・・・でもでもやっぱちょっと気持ち悪い?むむむ。

結論:月曜は笑顔で学校に行きますよ。


相当いらついていたので、
食後に酔っ払いの演技をやってストレス発散した。
でも親父がそれにだまされて焦ってしまって、
耐え切れずに母とツボった。
  1. 2009/05/23(土) 23:56:47|
  2. 日常。
  3. | コメント:4

まくしたてさせていただきます。

おうふっふー
あはは~ん

という訳でテンション激低っ
こう見えても私、イライラってぃんぐよ?w


申し訳ありませんが一気にまくしたてさせていただきます。


修論中間発表にお邪魔しようと思ったら混みコミで申し訳ないから
結局聞きたい人の発表(いたのかw)聞けなかったし、
タンパク質の溶液4℃放置で大丈夫かな~なんって思って、
たぶん上司に会わなかったら-80℃に放り込んでたんだけど、
あってしまったせいで濃縮するはめになり、
英語の説明書にイライラして適当にやったら
たかが濃縮で見事失敗したし、あぁー!もぅ!!
だいたい今日は土曜日だからいい加減早く帰りたいのよ。
(そもそも土曜日に来いって言われたのに対していまだにおいらは
不満に思ってる訳で、こういう不満はこれから先もおそらくずぅーっとずぅーっと
何があっても続く訳で、要は根に持つタイプです、すみません)

おまけにママンも今週までしか家にいないから
2Yよりはるかに幸せな家庭を持つおいらといたしましては、
帰らないことこそ死罪も良いとこ。


んでもってそれら全ての根源はどこにあるかっつったら
豚ヤロウのインフルエンザのせいでマスク令が我が家には布かれまして
それを忠実におとといぐらいから守ってたのですが、
本気で体調悪くなった。

もうね、苦しいのなんのって、お前は高山病かってゆー。
慢性的な酸欠状態で脳がもはや脳としての役割を果たさないんですよ。
酸素マスクくれ、と。
このクソ蒸暑苦しい大都会東京のど真ん中で。

だもんで実は昨日からちょいちょい実験をミスってて
それのせいもあってかもうひたすらにイライラ。

極めつけは本日帰り、迎えに来るって言うから待ってましたのに
20分も待たせて来る親の車。
こっちは酸欠状態で死にそうなのに
それを、「シャワーでも浴びたらすっきりするわよ」ですってはっはん!!

シャワーと酸欠とどう結びつくのよ!
マイナスイオンか!そうなのか!!



ふぅ。少しだけすっきりしたゎ。

でもまだ、「ぶちころしたろか?」って態度でしか
他人と接することが出来ません。ご注意下さいw
  1. 2009/05/23(土) 18:48:29|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

無意識の問題を意識的に悔い改める。

心が広いのか狭いのか。
ま、そんなこたーどーでもいい。

切り離したら好き勝手書いて良いのってすばらしい。
別に切り離さなかったら好き勝手書いてないって訳でもないけども。


どういう人たちなのかなぁーと思って、今日の飲み会。
同期と知らないB4と交流を深めようって趣旨。

なんて言えば良いのか自分が中の人ぶってるのが情けない。
そういうふうに思おうと意識したことはなかったんだけど、
無意識的にそうなっているのが、
自分でも分かってなんか嫌だった。

心の態度が問題なのだ。
こういう態度は決して好かれるようなものじゃないから、
もっと改めねばならんのだ。

しかし無意識のものを意識的にかえるって
物理的に無理なんじゃないか、と。

いや、努力しろよって話ですが。

しますよ、しますって。
  1. 2009/05/23(土) 00:23:33|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

脱皮週間。

木曜日は情緒不安定ですよね。

頭をひねった訳ですよ。たくさん。
どうしたら良いのかどうしたら良いのかどうしたら良いのか。と。
その前にテーマ決めに関する調べ物やれよって話ですが。
やりますよやりますってやりますやります。
ただ新出単語あり過ぎでワンセンテンス何度見!
ってほど読み直さなきゃいけない。
感覚としては英語の逐語訳に等しいレベル。

そら君、低温室に逃げたくもなるゎ。
逃げてものの1分で震えながら外界に出てくる訳ですが。

最近ひたすらタンパク質との格闘なのですが、
透析って感覚としては金魚を飼っているようなものじゃありません?
ぐるぐるまわって吸い込まれそうです。
そんな透析びよりも明日で終了。
あとは目的タンパクの精製。こらまた大変だゎ。

10規定の塩酸にびびって1規定の塩酸がたいしたことないような
錯覚に陥り、適当にチップを素手でつまんでたら
見事に皮膚が剥けてきましたw

みなさん、塩酸もNaOHもおそらくなめてはいけませんw
ついでに言うと-80℃にある金物をゴム手越しであっても
軍手なしで持ち続けてはいけませんw
凍傷は地味に痛いですwww
  1. 2009/05/22(金) 00:19:35|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

え、感染の広がり抑える気あんの?w

という訳で向こうから切り離した日には何か
特別なことでも書こうって訳なのですが、たいして盛り上がるような話題もない。

そういえば本日は朝からなんだか熱っぽいし、
流行のインフルエンザか?インフルだから、院振るってゴロで
ぶっちゃけなりたくはないのですけども(強引?w)
と心配になったので龍角散。困った時の龍角散、です。

つーかマスク売り切れ過ぎでしょ。
一応探してみたけど、なかったし。


もっとも日本政府の対応から見て
弱毒性だから別に良くね?って態度見え見えなんですけど、
そこらへんどうなんですかね。

国内から発生するこたーないんだから、
水際対策に深刻な漏れがあったっちゅー訳ですよね。
ほんで国内対策がむばるって言って
具体的にはなんなんですかね。どうするんですかね。
休講増やす?まずは研究室休みにしない?w

病院の方も
かかっても、入院すら要らないよ、自宅待機ね、
って話じゃもう感染の広がり防ぐ気皆無だろお前ってつっこみたい。

ってか誰かそれでも良いのか教えて。


そういえば怖かった感染症何かなーって考えた時に、
SARSの致死率が15%ぐらいでスペイン風邪のが2%(ってか2%なの?!)
ってのを発見して、

SARSやっぱ危なかったんか・・・と実感。
理不尽な政府でもやる気出せば人間の行動制御に関してはさすがやな。
はじめの対応最悪だったけどね。


SARSの時もはしかの時も同じ時期に関係ない風邪ひいて
熱出してちょっと焦る私なので、
今度も微妙に風邪ひきそう予感なのです。
夏風邪かしら。それとも本当にニューインフルかしら。

  1. 2009/05/19(火) 23:53:26|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

いいえ、それは悪趣味です。

たとえば君が~傷ついて~ くじけそう~にな~った時は
必ず僕がそっぽ向いて~ 決して見ないよ君の涙~

というのは僕の信念ですが、要は面倒なことには巻き込むな、
ってことですな。ども、冷血に見えて心優しいに違いないannです。
深いデレなんですよ、みなさん。分かります?w


本日の英語の授業、そういう冷血なおいらは
えらそうに話すおじいちゃん先生の
ときどきろれつの回らない講義に困り顔をしながら聞いておりました。

授業は30人弱のものですが、毎週宿題を提出して
丁寧に先生がチェックして次週に返却してくださるというスタイルをとっています。
また、返す時に名前を呼び上げて返すので、まぁ覚えようと思えば
生徒の名前と顔を覚えられなくもない訳ですが、しかし何しろ大学の授業、
こんなに生徒がいては覚えることもないだろう、とたかをくくって
すっかりのっぺらぼう気分で毎週通っていました。


ところがところが。

前の方に座るよく質問をする男子たちとはよく会話する先生ですが、
私は質問をするほどの熱意もなく(というより質問が浮かぶほど頭良くないw)
宿題の出来も悪い(返却された宿題は△とハテナマークだらけ…)子なので
本当に部外者気分だったのですが、


突然。

本当に突然!


話したこともない先生が、

授業中に!

私を見て、


「ねぇ、annさん?」


えええええええええええ


な・なんですか。
え、あ、う?
自分その答え知りませんよ?
ってゆーか
思いっきり答え知らないって顔で表現してたじゃないですか!
そもそも、
答え知っていたら口パクで言ってしまうのが私の悪い癖ですって。
今回は本気で何も言ってませんよ?

とか不意打ちですっかりめんくらった私は、
院生の皆様もいる中、

「え?あ?え?」

と、とりあえずきょどりました。特技ですから(こら


「え、えーと・・・」と悩むふりして
とりあえずあてずっぽうで答えを言ってみたら
なんか発音が正解に似ていたらしく、
聞き間違えてくださった先生は、

「そうですよ、そうです」
と満足気に黒板に正解の単語を書いたのでした。


幸運にも難はそうやって簡単に去ってくれたのですが、

つーかなんで俺の顔と名前一致させてんだ・・・
それが趣味って言ったら通じるような人だけど、

でもそれは明らかに悪趣味だろ。
  1. 2009/05/18(月) 22:02:03|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

企業にとって大学の先生とは。

公衆の信用をつかむための魔法か。あるいは違法の隠れ蓑か。


母が講演のために帰ってきたので、どんな講演かとググってみたら
なんと悪徳商法会社の信者洗脳大会じゃないっすかwwwww

「ちょwww ママン、あの会社やばいってwwwww」

とクソ重いパンフのファイルを見せながら言ったら

「あなたもそう思う?だから嫌だったのよー。
 でも頼まれて断れないーー・・・あら、結構良い写真使ってるじゃない」

「ん、確かに若く見えるね・・・って、そういう問題じゃなくて」

「いやぁーねぇ、私は自分の研究話すだけよー」



昔話をしてみる。

某A会社の社長のSは普通の業務で普通に稼いでいたが、
ある日Ssという健康食品に出会った。
みんなが健康になるなんって良いじゃないか!と考えた彼は、
開発者から特許を買い、自らも某旧帝の大学に頼んで効能を研究してもらった。
なるほど、という結果が出たので嬉しくなったSはそれを売り始めた。

しかしSはだまされやすい性格だった。
運営していた他の会社で儲かっていたためか、
金目当ててで集まってきたたくさんの詐欺師にことごとくだまされ、
それを慰めるために宗教にはまってお金を使い、
彼自身もバブルの名残りで金遣いも荒かったために、会社はとうとう機能しなくなった。

更に運の悪いことに彼には人を見る目もなく、いくら自分の財産を投入しても
会社が立て直すことはなかった。
食い荒らされていく自分の夢だった会社を目の前に、
彼は正気を保つことなど出来ず、
そして幻覚を見始め、結局入院することとなった。

残された会社が生き延びるすべはもはやなく、
悪いヤツらに良いように扱われ、製品には怪しいイメージがつきまとうようになった。



母にはSが正気を失った頃から、
いい加減縁を切れば良いのにとか思っていたのだが(言わなかったけど)、
確かに以前はよくしてもらっていたこともあって、
まったく変わってしまった会社からの頼みでも、断りにくいのは理解出来る。

しかし!と言いたいことは山ほどある訳だが、
受けた手前、たとえ今夜説得して明日行かないとしても
あのような洗脳を行う会社の人間は何をしてくるのか分からない。
面白そうだったら聞きに行こうと思っていたのだが、
主催が主催なのでもちろんやめておくことにして、
母にも自分の分が終わったら早く帰るように、と注意を促してみた。

大人の事情というのはよく分からないものが多いけども、
会社という利益のみを追随する組織とは
こうも横道にそれやすいものなのか、と痛感。



それにしても世間は広い。広すぎる。

注:現実には違法というか、グレーゾーンの商法か。
  詳しいことは分からないが、普通ではないことは確か。
  1. 2009/05/17(日) 02:20:51|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

やってることがめんどいので、

ずっとタンパク質取る取る言っててまだ取れないでいるannです。
タンパク質がannさんに優しくないとかまるでなってない!

やってることがめんどく感じてきたので
ちょっとストーリーづけして楽しむことにする。
私個人向け(こら

大腸菌に作らせたリコンビナントプロテインさまは
往々にして機嫌が悪いらしく、俺たちの本来の居場所じゃないもん!
とか、鼻でもない、口でもないとあれこれほざきだし、
拗ねてしまった彼らは自分たちで集まってinclusion bodyなるものを形作り、
大腸菌の残骸とともに沈殿に落ちていってしまうことが多々あるらしい。

それでもタンパクがどうしても欲しい我々は
ゆっくり作らせたり、少量作らせたり、別の大腸菌に作らせたりと、
とにかくマイルドにマイルドにリコンビナントプロテインさま(略してリコピ)の
機嫌を取ろうとします。

ところがこのリコピさま、まるで問題解決に向けて軟着陸する気はない、
とでも言うかのように、いよいよ頑固に沈殿へ落ちたり、
いっそのことまったく出来てくれなかったり。
まったくもって貴族のおぼっちゃま。

先生いわく、
いやん、ホコリ!と言っては集まって沈殿。
うーわー、ぶつかったー!!と言っては集まって沈殿。
うえーん。暑いよー!!と言っても集まって沈殿。
をするおぼっちゃま度で、扱いに困った困った。

そういう強情なおぼっちゃまにはこちらにだって考えはある訳で、
『強制法』を実施することにしました。

▼強制法1
わずかでも心優しくて機嫌のよいリコピさまが出来るのであれば、
ひたすら多量に大腸菌を培養してタンパクとって濃縮する。

▼強制法2
強情なリコピさまの体を尿素とかで引き伸ばして強引に溶かし、
その後ゆっくりもとの形に戻してやる。

強制法1は多少消極的。強制法2がダメだったらやれば良い。
いざとなったら大腸菌使わないでタンパク作らせても良いし。
という訳で選択は強制法2。

考えてみれば、強制法2なんって気分がすがすがしいことこの上ない
実験ですが、リコピくんたちの後遺症を考えるとやはり躊躇してしまうのです。
腕の良い医者ならちゃんと治してやれそうですが、
初心者も良いところの自分にはちょっと厳しそう。

ま、そういうことも言ってらんない状況になってきまたので、
先週はずっと器具準備とか溶液準備とかプロトコル練りとかやって
金曜は上層部+私の3人でプロトコル検討。


私「ここ時間はどれくらいが良いでしょう?」
上「分かんないから適当に2時間とかでやってみる?」
私「了解です。」

とかこんな感じで決めて来週動き出す訳ですが、


成功には1%しか期待してません。良いですよ、どーせ実験ですもん。

リコピくんどもに(いつの間にか上から目線)感情移入出来たところで、
来週の実験がうまく行くように念でも込めてみるかな。
  1. 2009/05/17(日) 00:13:38|
  2. 日常。
  3. | コメント:4

追記。心にダイレクトに来た。

来るだろうと予想していたものが来た。
来なくても納得するような形で一応心を静めておいたけど
本当に来たら来たでやっぱり感涙。
いつもいつも心配ばかりかけてしまって、自分はなんでこうなんだ。
もうアホかと。

でもきっとそれに応えるには今手にある仕事をやるしかないのだ。

遺伝子は親から子へと受け継がれていって
それは一つの流れ。
知識とか学問とかいうものは師から徒へと受け継がれていって
それも一つの流れ。
二つの流れは違えど、通じるものは果てしない。



望まれる像にはほど遠く、焦りばかり感じる。
一歩一歩と自分に言い聞かせて着実に進まねばならぬのだ。

今日はよく眠れるに違いない。
明日はすっきり目覚めるのだ。
  1. 2009/05/15(金) 00:15:11|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

違うの、こういうのをテンションが高いとは言わないの。

あかん。苦手なのには間違いない。
そこは間違いないんだけど好きだ。
でもどうしたら良いのか分からない。
結局僕はここにいても良いの?
それは迷惑にはならないの?
本当にいても良いの?
でも本当にいても良いなら僕は飛び上がるほど嬉しい。嬉しい。

ここにいるのがどうして良いのか分からないと感じるなら
きっとそこにはいっぱい学ぶことがあって、
そこを乗り越えたらまた一つ、月日が経つだけでは到達出来ない
新しいステージに上がれるのだ。

その機会を与えてくれる人がいる。
どこまで自分が失敗するのかを許容してくれるのかは分からない。
第一自分はなんとかその機会で成長しようと力んでいる。
(今日なんって力み過ぎた・・・猛反省)


・・・一応整理して書こうと思ったんだけど、
お察しの通り失敗した
(事実かどうかは知らないが本人がそう思っているならそうなのだろう)
ようなので全身全霊で不安定だもんで、
まったくもって頭が回らない。
おかげで泥に泥、否、泥に毒、いや、なんだっけ、
傷に塩!をぬるようないつもならおかさないようになってきたミスさえ
見事におかしてしまった。
凡ミスというものではない、凡ミスは許される可愛いミスで、
個人的にこのミスって禁忌じゃないかって思う。
うわーん。←困った時のお決まりの一言。


とかく、落ち着いて。落ち着いて。
スー、ハー、スー、ハー。スーハー、スーパー。
。。。スーパーに行ってヤマザキの小鉢もらって来なきゃ。
  1. 2009/05/14(木) 22:31:03|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

人生は金じゃない。

じんせいはかねじゃないって文章を変換したら
人生墓ねじゃない、と出ました。

人生は金じゃないとか言ってもあーた、
スポーツカーぶいぶい言わして女の子助手席乗っけて
南の国のただっぴろい空の下
ぶおーーーーーーーーーんっとアクセル踏み込んでみたくなりません?w


なりますよね!!

分かります、分かりますよ!!!

それでヴァカンスってのを過ごすんですよ。
2週間、否、1ヶ月のヴァカンス。
淡い水色のスーツに白い革靴で決めて
ギリシャ美女と高級ホテルのテラスかなんかでワインのグラスを傾ける。
(どこのだぶるおーせぶんだ)



・・・ところで研究職ついてもそんな生活出来ますかね。

ちょっと疑問ですけどね。。

でも僕は研究者がそれくらいかっこよいものであっても良いと思っている。
ってかむしろイメージはそうあるべきな気もする。

なんならこうでも良いよ。

週末のデート中、いきなり野暮用があるとか言って
彼女が何なに?!ってなってる状態で大学に着く。
彼女には、「いやん、木がうっそうと茂ってて雰囲気ステキ。
アカデミックだしやっぱり彼はエレガントだゎっ」とかほれなおしてもらいつつ、
君は大腸菌をまきおえる。
ついでにPCRの仕込みも終わらせて
(もちろん大切な酵素は最後に出して即しまうよ!)
そのまま横浜まで車を走らせてナイトクルージング。

貸切の船の甲板の上でほにゃらら(以下、妄想力不足なため各自補完願います



やっぱダメかなー。きっついかなー。
まず金がねーもんなー。


とか妄想は妄想に任せて頑張ってタンパク質取ります(笑)
  1. 2009/05/11(月) 23:35:31|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

ベタ回避。

本日もいつものように実験していたのですが、
冷やしておいたPBSのフタが開かない。
もうね、大腸菌さん待ってますよ、的な。とにかくそいつを開けなきゃ
実験次に行けない。

あたしだってねぇ、そんじゃそこらのやわな女の子じゃないんですよ。
(意味が分からない)
一応力仕事だって筋肉ない割には頑張ってやってるんです。
どこぞのぶりっ子みたく、ハート四方八方飛ばしまくりながら
「これ開かないの~~」とかほざいて、
てめーが力入れてんのはフタじゃなくて今日の化粧だろ、みたいな、
力入れる前に開かないつってんじゃないのかってゆー
そういう詐欺みたいな話じゃないんですよ。
第一おいらにぶりっ子演じる資本もありませんし。


とかく本当に開かないんです、フタ。
キムタオル巻いて滑りを防止してもダメ。手はどんどん痛くなるし。

隣にはね、研究室の先輩がいらっしゃいました、いらっしゃいましたよ。
それはそれはさわやかなお兄さんでいらっしゃいますよ。

いい加減開かないから頼みたい。
頼みたいんだけど、でもプライドが許さない。

だってそこで頼んだら 激しくベタな展開じゃないですか!!
まるで資本がないのにぶりっ子を無理に演じてる女みたいじゃないですか!!
そんなの許せませんっ

いいから開いてくれ。とか最後らへんは念じてました。が、
ついにその瞬間はやってまいりました。

隣のお兄さん:(多少の苦笑い?とともに)「はいっ」


背に腹は代えられない。
実験続けたいしもう待ってらんない。
俺じゃあもう開かない。
同期の男子も今日来てないし!




結局その「はい」に甘えて素直に開けてもらいました。

すみません。すみません。
他の人にとってはどうでも良いことですが、
個人的にはどうしても回避したかったこのベタな展開が
ベタベタになって気持ち悪くてしょうがなくて、

思えば去年の実習の片づけでテレビを運んでいた時、
助手の先生が重いから、とありがたいことに片方持ってくれたのですが、
持てる重さだったのに二人で持つのがなんだか嫌で

思わず「気持ち悪いんで先生手離してください」
とか言ってしまったあの時と似た感じ。



てゆーかたかだかフタを開けてもらっただけのことなのに
こんなに引っ張るとかそこが一番アホなんじゃないか、と。
  1. 2009/05/11(月) 22:41:20|
  2. 日常。
  3. | コメント:4

自分まだまだ青いゎ。青過ぎるゎ。

夢ってなんだろう、と思う。
夢ってかなわないから夢なんじゃないか。
目標は達成するものだけど、夢なんってかなったりするんだろうか。

やたら意味深っぽくつけられた名前のせいで
一つの夢ってなんだろうって考えることがよくあるのだけれど、

願っていることが本当に夢なのか。
その道を行けたら幸せなのか。
すべてのベクトルがそちらに向いていないというのに
それでも無理して進んだら幸せになるというのか。
それで果たして本当に自分に満足出来るのか。

現実にどっぷり浸かってうまく行っている(ような気がする)
今日この頃では特に疑問に思ってしまうのだ。

そして昔の自分の選択を激しく後悔し始める。



あるいは別の解釈もあるのだ。

一つの夢を追い求める人生じゃなくて、
人生って結局は一つの夢よ、みたいな意味だったりして。

一つの夢。
夢とはいつか覚めるものだからそれまで楽しく見なさい。
深く考えず、流れに身を任せなさい。とか。
  1. 2009/05/10(日) 23:15:58|
  2. 日常。
  3. | コメント:6

頭痛い。

頭痛い。

朝の目覚めから頭痛い。
ずきんずきんする。なんやなんや。

頭痛薬飲めば良いけど家にないとかどんだけ。
買いに行くのたるいし。ってか頭痛薬飲んではい、良かったね、痛くないね、っても
根本的解決になってないやん。なんで頭痛いかその原因から解決せにゃ意味ないやん。
その場の苦しみからは逃れてもダメじゃね?
とかなんとか言って俺もあったら飲みますよそりゃ。

結局今日まで新人=YES作戦で来たのに
飲みにNO言ってもーた。だって頭痛いんだもん。もんっ

くそーぅ。あんまり知らない人とお話する機会だったんにーくそーぅ。


明日は午前中研究室に行って実験の準備せねばならん。
今日はたくさん寝たけどまた寝る。
  1. 2009/05/10(日) 00:08:27|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

いや、まずは着地からだ。

連休中に何を非生産的にやっていたのかと言うと、ネトゲ。
ゲーム中で出会った小学5年生に、自分は4年生だと答えましたannです。
私は本当のことしか言いません!正直者です!!

とにかく、次は院試後ぐらいにまたやりたくなるかな。


それで論文の条件で強引に(行間を読めと夏に言われたけど
行間を補うだけの知識がありませんでした・・・)
やろうかと思ったけど、一応手にとってみた実験書に
いかにもお手本らしき方法が載っていたので、
とりあえずそちらから試してみようかと思う。

やっぱ4年生だし基礎からだよな。
地に足をつけないやり方は
近道なように見えて実は遠回りに違いない。そうでないと困るし。
  1. 2009/05/06(水) 22:47:50|
  2. 日常。
  3. | コメント:4

逆らえんゎ。

乾のりって普通あぶってから食わねぇ?
乾のりと焼のりの区別がない親父にそれを指摘したら
「どこが違うんじゃヴォケ!」と切れられ、結局違わないことになりました。
こんばんゎ、権力には弱いannです。


という訳で本日はドラマのBOSSとか名探偵の掟でにやにや笑いながら
タンパク質の可溶化について条件を考えていたのです、
gooの教えて!とか見ながら(←ここら辺がすごく不真面目

で、ちょっと英語でも読むかーつって関連論文読んでたら
オーマイガッ
まんま条件載ってるやん!みたいな。
サプリメントデータまんせー!的な。

俄然連休明けはこれでやってみようかと思ってます。
てゆーか関連論文ならもっと早く読めよ、俺。。

しっかしWBのバンドってなんであんなに汚いもんばっかなんじゃろ。


そう言えば研究室に入った時に誓約書っつーのを書かされました。
なんか細かいこと言うと法律的に罰せられるわよ、的なもの。
あんたそないセンスィティヴになって、あたいの口から何が出るってゆーの。
とか思いつつ、そんな世の中になったかぁーとちょっと年寄りコメント。
いや、情報化の時代って怖いね。

それっと、学生の自己保身の意識について
考えさせられる環境にありますのでそれについてもちょっと悩みつつ
しかし結局はことを荒立てるまでもなく
なんとなぁーく、なんとなぁーくやってこうと思っている次第であります。
つーか全然グダグダぬかせる立場じゃないんですよ、
勘弁してくださいよほんっと(汗)
  1. 2009/05/02(土) 21:22:55|
  2. 日常。
  3. | コメント:0

GW前の活動報告。

とりあえず目標としていたGW前のコンスト作りは予定通り完了。
むしろ入らなかったのがアホなくらい。

でもタンパクの局在は、
ちょっとほんっとにターゲティングしてんのかってぐらいに不明。
過剰発現させたらゴルジにいたとか
たまたまそこにたまっただけとちゃうのん?みたいな。
そういう解釈じゃダメ?(汗)

あとタンパクつぶしての様子見ってのは、
抗体がないために難航。
抗体がないとか実験以前の問題だろ、って思うん。
全然そこらへんの常識分からんけど。

とりあえず次なる課題としてはタンパク質の可溶化、
と珍しく一本。つか、一本にしぼった。

さすがに5月(願書取りに行くの忘れたw)になったので
先生をつつきに行ったらホコリが若干出たので
連休明けても続けてホコリを出していただくことにする。
もち、自分も勉強やるけど。

自分から動いてけ動いてけぇーーい!
  1. 2009/05/02(土) 00:56:44|
  2. 日常。
  3. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。